ID非公開

2021/1/19 21:03

66回答

ターボ全盛期だったF1(1980年代?)を含めたレーシングカーってトラクションコントロールはあったのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

その頃は無いでしょうね。 いくら1500馬力のエンジンであっても常に1500馬力出ているわけではないので、アクセルコントロールで制御は出来て不思議じゃないでしょう。 普通にハイパワー車でも低いギアでは加減して踏むのが一般的ですし。

0

ありませんでしたね。 だからと言ってはなんですが凄くスリリングで面白かってですね。 初期のターボカーはグランドエフェクトカーだったのでダウンフォースがとてつもなく効いていてフロントウィングなんて付けなくも高速サーキットなら平気なほどでした。 なのでトラクションコントロールは無かったけどドライバーの腕でねじ伏せて走っていた感じでしたね。

1

80年代の1000馬力オーバーのターボ時代にトラクションコントロールなどは付いてなかったですよ。 その頃のターボエンジンは、アクセルを踏んでも直ぐにパワーが立ち上がらない一瞬のターボラグの後、急激に回転が跳ね上がって猛烈なホイールスピンを起こしてしまうという、扱い難いエンジンだったらしいですが、当時の四天王と呼ばれたピケ、プロスト、マンセル、セナなどは、その辺のアクセルコントロールが上手く、ターボラグを見越して早めにアクセルをオン、パワーが急激に立ち上がると同時にアクセルを絞り、ホイールスピンを抑えるという繊細なコントロールを行っていたらしいですよ。 当時は、そういうトコロでのテクニックの勝負だったし、「こんなエンジンは扱えない」なんて言ってたらシートを失う世界だった訳ですよ。

1人がナイス!しています

0

F1でトラクション・コントロール(らしきもの)が登場したのは90年の日本GPで、フェラーリが “ホイールスピンを抑える新兵器” を導入しましたが、これはあくまでスタート時にちょっと有利に働く程度のものでした。 本格的なトラクション・コントロールとしては1992年のウイリアムズFW14Bが最初と思われますが、いずれにしろターボ時代のF1にはトラクション・コントロールも、セミオートマチック・トランスミッションもパワー・ステアリングも存在しませんでした。