【ダイオード1N4001と1N4007の違い】 電子工作初心者です. 初歩的なことだと思うのですが、 1N4001ダイオード 50V1A 1N4007ダイオード 1000V1A

工学 | アマチュア無線114閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

回路図が読めなくて逆電圧がいくつになるのか見当もつかないのなら1N4007を使っておけば間違いない。 1N4001と1N4007は順方向の電流-電圧特性が若干違うんだけど、それが問題となることはまずない。 ただし、テスラコイルの2次側(高圧側)にダイオードを付けるような場合は、1N4007の耐圧(1000V)を超える可能性があるから1N4007は使えないよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

親身なアドバイスありがとうございます! アドバイスを参考にさせていただいて頑張っていきます!

お礼日時:1/25 15:49

その他の回答(4件)

1

一般に高耐圧ダイオードは耐圧以外の特性が犠牲になっているが(特に順方向電圧降下の大きさ)、1N4001と1N4007に限っては耐圧以外の特性に違いはない。おそらく同一プロセス製造品を特性で選別したものと思われる。 https://www.vishay.com/docs/88503/1n4001.pdf

1人がナイス!しています

0

整流できる電圧の範囲が違います。 1N4001は逆耐圧が50Vしかありませんので、コンセントの100Vを整流しようとしたら一瞬で壊れますが、1N4007はエアコン用の200Vでも問題なく整流できます。 じゃあ、1N4007だけ有ればいいと思うかも知れませんが、1N4007の方が電圧ロスが多いと言うことになります。 多くの場合、1N4001の代わりに1N4007を使うことは可能ですが、逆は良く確認しないと、一瞬で壊れると言うことが起こりかねません。

0

代替して良いのは4001の替わりに4007は余裕が有り問題なし。 その逆は耐圧不足で回路そのものが破損、故障、発火などの恐れが強いので絶対にしてはいけない!!!!