門田博光さん 身長170センチですが なんであんなにホームランが打てたんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

門田選手はアキレス腱断裂と言う、選手生命にかかわる大けがをしました。引退も考えたそうですが、その時医者から走らなくても済む方法無いのかと聞かれ、ホームランならと答えたそうです。 その後は毎打席すべてホームラン狙いに切り替えたため、「不惑のホームラン王」を取得することが出来ました。もちろん狙って打てるのはセンスと体力が有ったからでしょうが、アキレス腱事故が無ければ「不惑のホームラン王」は無かったかもしれません。 これが門田=ホームランと言うイメージ造りの原因になってます。NPB歴代3位のホームラン数はこうやって生れたのです。

0

ホームランはバットを打球に当てる角度とスイングスピードと言われます。 それにフォロースルーも大事だとも言われますね。 その点、門田選手は優れていたのではないでしょうか? 落合選手もそれほど大きくない体格でたくさんのホームランを打ちました。 ホームランバッターってもちろん天性のものもあるでしょうが、 練習などで培った技術…球を見る目とか投球を読む感性などもあるので しょうけど、これって本人にしか分からない感覚だと思います。 身体のデッカい人がみんなホームランバッターとは限りませんし。