見た目が悪いものほど旨い。と言われていますが実は昆虫って食べたら旨いのでしょうか?

料理、食材 | 釣り34閲覧

1人が共感しています

その他の回答(5件)

0

地方によりますが蜂の幼虫が美味しいと食べられています。 岐阜の山中でゴルフ場の整地をしている頃の話です。 地蜂の子を捕り売っている人がいました。 聞いたら蜂の子料理があるので捕って売るのだそうです。 捕まえ焼いた蜂の子を勧められたが、見た目は蛆虫と同じで食べる気にはならず 無理やり勧められ死ぬ思いで口に入れたが思いのほか不味くはなかったが もう要りません。

栃木県の湯西川の平家の郷でお狩場焼き(トカゲ、イモリ、ヤモリ の丸焼き)と言うのが有ったらしい(今はもう少し近代的か?) 昔のままでは食欲が沸くとも思えないですね。 以前行った時にはチョンマゲをしている人も見られました。

0

沢山の昆虫を食べて来ましたが、おおむね「それほど旨いものじゃない」と思って下さって良いですよ。代表的なのが「イナゴ」ですが、別に生でポリポリ食べる訳ではありません。標準的な作り方は水に活きたイナゴを入れて煮ます。そこで水がなくなったら、まず羽根や脚を捥ぎ取ります。更に水を足してゆっくり長時間にます。そこに酒・醤油・砂糖を加えて「佃煮」にするんです。お酒が多い方が「イナゴ臭さ」が軽減されます。 「ザザムシ」と言うのは、川の石の下などに棲む「ウスバカゲロウ」などの幼虫です。これも基本的に同じで「佃煮」です。信州の松本地方では、カイコの繭から絹糸を取った後に取れる「カイコの蛹」を同様に佃煮にします。 要するに、「濃い味の佃煮」の味で、「虫の味」はしません。

画像
0

昆虫と蟹海老雲丹を一緒にしないで下さい。 昆虫は不味いです。幼虫も(でも貴重なタンパク源) 長野県では蚕のさなぎを喰っていましたイナゴもざざ虫も蜂も蟻も 今後、昆虫が食事に出てきても不思議ではありません。