ID非公開

2021/1/21 20:09

44回答

慶長三陸地震では地震動から津波到達までに何故2時間以上もかかったのですか?

地震56閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

もっとも有力なのは震源が三陸沖ではなく千島海溝という説。 質問者が言ってる通り津波到達までの時間が異様に長い事。北海道沿岸で17世紀に巨大津波が押し寄せた痕跡がある事などを考えれば辻褄が合う。

1人がナイス!しています

0

東日本で慶長三陸地震の資料か書かれた宮城県の同じ地点で津波が来たのは一時間後 津波の発生源が東日本の地点より遠かったと言う事 それに時計の無い時代、実際の到達時間が合っているのかも疑問

0

慶長三陸地震は被害が大きかった割にはよくわかっていない地震の一つです。震源断層が陸から遠かったので津波の到着が遅かったといわれていますが確実な証拠はありません。 津波は断層の動きで海底地形が変化したときに生じます。気象庁の解説がわかりやすいでしょうか。 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/tsunami/generation.html