アメリカの眼科医も治療費は高いのでしょうか。 普通の保険でカバーできるのでしょうか、それとも歯と同じく眼科専門の保険が必要なのですか?

海外生活 | 海外23閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

保険によるのかもしれませんが、検眼士が調整する眼鏡は日除け眼鏡(サングラシズ)も含めて「一組いくらまで」が保険の対象になるので、「おしゃれな眼鏡は…」は当たらないと思います。もちろん検眼士が好みのフレームを在庫していなければダメですが…・ 例えば「JINS!」の眼鏡も保険対象(ただしノンネットワーク?)ですからチョイスは小さくないと思います。 あ、 >最近の使用ではレンズ+フレームで$90~250でした。 これは自己負担額です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/25 12:09

その他の回答(4件)

0

保健が効かないところが多いです。 なので経済的理由により病院に行かなければいけないのに病院に行けない人が多いのもアメリカの特徴。 国民皆保険制度があるのは日本ぐらい。

0

自分 眼の保険も別にはいってます。(会社で) 月$15くらいだっけな すみません 曖昧ですが。検診は保険で $25で両目のコンタクトレンズ GET。(保険に含まれてる) 両目分で、2週間交換レンズで、6ヶ月分くらいもらって支払い それだけ。(保険で) 日本だとめちゃ高いからこれは ビビった

0

眼科は、皮膚科や整形外科のような専門科の一つとして扱われ、検査や治療・手術に伴う費用は、一般的に通常の医療保険でカバーされます。たとえば、糖尿病に伴う網膜症の有無の検査、眼の症状があるときの受診などは、医療保険の対象となります。眼科受診に際して保険適用範囲内であるためには、他の専門科と同様、かかりつけ医などからの紹介状が必要なことが多いです。 医療保険では一般的に、眼鏡やコンタクトレンズの調整のための受診はカバーされません。保険プランによってはそれらをカバーするものもありますが、紹介状が必要なことに加え、自己負担率が高く設定されていたり、保険が利く金額が低く抑えられていたりして、保険外で購入するのとくらべて得かどうかは疑問です。また、考えてみれば当然ですが、眼鏡については保険で購入可能なフレームが決まっており(最も安いもののみ)、おしゃれな眼鏡を買いたい人は保険を使うメリットが少ないでしょう。 ただし、別売りされている眼科用の保険(Vision Insurance)に加入した場合は、コンタクトレンズや眼鏡の出費を、より広範にカバーします。頻繁に眼鏡やコンタクトレンズを買う可能性のある人は、眼科用の保険に加入することを検討してもよいでしょう。 目安としてはメガネやコンタクトレンズの制作には眼科保険を使っても300ドルほどは必要です。