幕末から明治維新時代、活躍した志士たちは大半が少年期の名前が青年期、成人となり名前を変えていますね。

補足

西郷も大久保、木戸、勝、黒田、山県、伊藤、桐野、大山・・・

日本史8閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よくわかりました。 ありがとうございました。

お礼日時:1/22 18:38

その他の回答(1件)

2

木戸孝允や大村益次郎のように名字が変わった人は少数派だと思います。 他方、下の名前は色々な理由で変わります。よくあるのは ・偉い人から名前の文字を下賜される。 たとえば、徳川慶喜は最初は昭致という名前でしたが将軍家慶から慶の字をもらって改名しています。 ・偉い人の名前とかぶってしまったら、遠慮して変える。大久保利通は最初は利済という名前でしたが、島津の若様が元服して久済と名乗ったので、かぶりを遠慮して利通に改名したそうです。

2人がナイス!しています