回答受付が終了しました

理科の生物についての質問です 生産者は光合成によって自分で栄養分を作る生物 消費者は他の生物から栄養分を得る生物

1人が共感しています

回答(2件)

0

食虫植物は生産者です。 土壌の栄養が少ない地域で過ごすため、窒素やリン、カリウムなどを虫から摂取するために虫を捕食します。 しかし、肥料をあげれば虫なしでも生育可能なため、生産者と考えるのが良いです。

3

【回答】 結論から言うと、消費者であり、生産者でもあります。 食虫植物は、他の生物から栄養分を得ますが、自らも光合成を行なっています。 …にしても、質問者様は穿った見方が出来る方のようで、感心してしまいましたよ! (^-^) *因みに、無機物から(水•二酸化炭素•光エネルギー)有機物を合成(光合成)する事が出来る緑色植物は、生産者とするのが一般的ではありますが、こと食虫植物に関しては、どちらの要素も持ち合わせているとしての回答です。

3人がナイス!しています

NKT様へ… 栄養分が少ない土地に自生するのは、自ら好んでした事ではありません。 そうせざるを得ない理由があったからです。 また、貧栄養の土壌で進化した植物に知識がない者が安易に施肥を施せば、高い確率で枯死させてしまいます。 別にNKT様に喧嘩をふっかける訳では無いので、口論は避けたいところですが、不特定多数が閲覧する場に於いての誤った情報は、耐え難いものがあります。