なぜスキューバ•ダイビングと言うのですか?

ダイビング | 英語85閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様有難うございました。

お礼日時:1/25 3:38

その他の回答(7件)

0

あの装置はイギリスではなく、フランス海軍のクストー大佐が発明した ものです。「イギリスで発明」なんて言っていると、クストー大佐が 化けて出てきますよ。仏英は犬猿の仲、仏人は英人が大嫌いですから。 まあ例えて言えば、日韓のような関係です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%9D%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC 研究社の新英和中辞典には、発音記号で[sk(j)u:ba]となっていますので、 カタカナ書きしたら、「スキューバ」でも「スクーバ」でもどちらも 正解ですね。 質問者さんがケンブリッジのリンク先ですが、英国発音が微妙に 「スキューバ」に聞こえます。米国発音は、100%「スクーバ」です。 英語は、スペルも発音も例外が多い言語ですので、このような単語は、 沢山あります。フランス語は、発音の例外がほとんどないので、仏人に SCUBAの発音を聞いたら、100人が100人「スキューバ」と答えます。 仏語のSCUBAという、単語はありませんけど。 なぜ、日本で「スキューバ」が一般的になり、ダイビング関係者は、 「スクーバ」をよく使うか、考えてみました。 * Scubaが日本に紹介された当初、それを紹介した外国人がスキューバ [skju:ba]と発音をしていた。 * それを聞いた日本人がカタカナで「スキューバ」と表した。 * その為、「スキューバ」が一般に浸透した。 * PADI JAPANが設立された時に協力した外国人がスクーバ[sku:ba]と発音。 * PADI JAPANの日本人がそれを「スクーバ」と表記。 * その為、ダイビング業界では、「スクーバ」が通用。 PADI JAPANというか日本のダイビング認定団体の頭の硬さも相当な もんですよね。一般的な日本人の中で統計的に「スキューバ」を使って いる人が多いのに頑なにそれを使わず、「スクーバ」を偉そうに使っている。 こんなことだから、斜陽産業になっちゃうんですよ。 日本の特性にあった、柔軟な考えを持った、新たなダイビング認定団体の 設立が望まれます。 PADAのMAC会長、出番ですよ !!!

画像
0

どちらが正しいとか間違いとかではなく、スキューバとスクーバの2通りの発音があって、たまたま日本ではスキューバの方が定着したということではないでしょうか。昭和の時代のダイビングの本には、スクーバという表記を使った本もありましたが、結局スキューバの方が定着しましたね。日本人の語感に合っているからではないでしょうか。 なお、英語の発音は地域差や個人差が大きく、/j/(”ユ”に近い)の発音をする人としない人がいたりします。他に、アメリカとイギリスで発音が違う単語はたくさんあります。「vitamin」はイギリスでは「ヴィタミン」、アメリカでは「ヴァイタミン」ですから。

0

誰が最初に「スキューバ」とカタカナで書いたかということならわかりません 辞書の発音記号だと sk(j)úːbə で (j) の部分は「ユ」に近い音をカッコ付きですが表示しています 実際にスキューバと聞こえる発音をする英語話者もいるので、最初にそういった人と話をしてSCUBAという文字を見たらスキューバとカタカナで書いてしまうのも無理からぬことかと私は思います ヨーロピアンは「スキューバ」に近い発音をすると聞いたことがありますが実際の所はわかりません YouTubeでスキューバに聞こえる動画をいくつか拾ってきました この人達の国籍はわかりませんが話し方からはネイティブに近いと思います https://www.youtube.com/watch?v=4maG1lXV6JQ https://www.youtube.com/watch?v=SXXlnaMUt9k https://www.youtube.com/watch?v=UfsTstRiTFI 発音に注意して他にもいくつかの動画を見ましたが、どちらかと言えば「スキューバ」に聞こえる人が多かったのが意外でした 人により「スクーバ」や「スキューバ」やその中間的な発音をする人など様々なんじゃないでしょうか

0

>なぜスキューバ•ダイビングと言うのですか? それは、既に日本語だからです。(笑) 電話帳にも「スクーバ」というジャンルは有りません。 スノーケルだって概ね業界人しか使わず、皆さんシュノーケルって言うでしょ? シュノーケルだけならまだしも、シュノ―ケリングというおかしな言葉も市民権を得てしまっています。 今更、「スクーバ、スノーケルって言わなきゃダメ!」だなんて野暮なこと言いっこ無しですよ。 それはそうと、スクーバ装置の発明者はクストー大佐と技師ガニアンで、二人ともフランス人ですけど。

0

アクアラングとならぶ米国最大手ダイビング器材メーカーのSCUBAPROが、日本展開時に「スキューバプロ」「スキューバダイビング」とカナ表記したのが主要因だと思います。 よって、悪いのはアメ公です。