Rolandの電子ピアノ普通でもキータッチ重いけど、MAXにしたら指の力鍛えられるかな?(。・ω・。)繊細さを意識し過ぎて音が弱いから、音を一つ一つハッキリ出せるようになりましょうってピアノの先生に言われる。゚(゚´Д`゚)

ピアノ、キーボード15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

電子ピアノ・キーボード系は、一般的に鍵盤を押し込む「速度」に対して、音量の数値が反応する仕組みです。 その時の音量の数値の振れ幅の調整しかできないはずですが、結果、速度=力という物理的なうんたら。 音の強弱の振れ具合がより生のピアノの出音の感じに近づければ、音のなり具合は近くなるでしょうから、結果として指の力も強く入れるような癖はつくのでしょうけど、鍵盤自体の物理的な重さには変化はありません。

要するに音が出にくいから強く叩かなきゃならないって状況を作るだけなので、演奏自体が疲れるし、心地よく遊べなくなるかもしれませんね。。 でもそれが生ピアノの為のトレーニングと割り切れば、電子ピアノでは演奏は楽しむものじゃないって切り分けもできるかも。

0

勘違いしている方が多いのですが、電子ピアノのタッチの「重さ」を変えるというのは、物理的な重さ(鍵盤が沈み込むのに必要な力)を変えるのではなく、タッチに対する反応を上げることで、感覚的に重さが変わったように感じさせるものです。 また、たとえタッチが物理的に重くなったとしても、本来のピアノの弾き方は、指の力で鍵盤を押し下げて弾くものではないので、それによって指が「鍛えられる」というものでもないですし、その差はせいぜい数グラム程度なので、大した効果はありません。 音をはっきり出すには、より強く打鍵すればいいというものではありません。決定的なのは打鍵速度ですが、1cm足らずの鍵盤の深さの中で、打鍵速度をどう変えていくか、どこで力を加えてどこで抜くかがカギになります。