日本語を教えています。 「どこの社員ですか。」 「どちらの社員ですか。」 「どこの国の方ですか」 「どちらの国の方ですか」

日本語32閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんご回答ありがとうございます。 今回は説明するときに一番しっくりきてもらえそうな方の回答をBAに選びました。

お礼日時:1/25 11:17

その他の回答(5件)

0

>>なぜ'which'の意味を持つ「どちら」が「どこ」('where')と同じになるのか聞かれました。 それが、言語が異なるということです。言語が異なれば、表す言葉も変わります。それを「何故?」と問われても答えようがありません。 >>「どちら」はいくつかオプションがあって、その中から答えるようなイメージで使うけど、「どこ」と同じ意味で使える… そのとおりです。「どちら」には、「どっち(英語のWhichに相当)」という意味と、「どこ(英語のWhereに相当)」という意味があります。 ・魚と肉、どちらがお好きですか?(Whichの意味) ・どちらから来られましたか?(Whereの意味) なお、「どちら」は、「どっち」「どこ」の丁寧語です。

0

「ら」は周辺を示します。 「ここ」と言えばピンポイントですが「ここら」と言えば、ここを中心としたある程度広い範囲を言います。 「私」は1人ですが「私ら」は私とその周りにいる複数人です。 方向を示す「こっち」や「あっち」に「ら」が付いた「こちら」「あちら」はその方向にある一定の広さを持つ場所を示すことになり、同じく場所を示す「ここ」「あそこ」に意味が近く、さらに「ら」が付いているのでピンポイントではない広さを持った言い方になります。 そして日本語はそのものを直接的に言わずに間接的にいうことで敬意を示すことがあります。 例えば二人称の「あなた」は本来「あっちのほう」という方向を示す言葉です。 それで、「あそこの人」と直接ピンポイントで指定するよりも、「あちらの人」と言えば間接的になって敬意を示すことになります。 「どこ」の代わりに「どちら」を使うのも同じ理屈です。

0

どちら【何方】 不定称の指示代名詞。 ㋐不明または不特定の方向・場所をさす。「何方(どちら)へおいでですか」「お住まいは何方(どちら)ですか」 と辞書にもあります。 もともと「方向」「側」を表したがそこから「場所」を意味するようになった、 さらに2つのうち「いずれの側→右の?左の?/ 前の?後の?/ など」を意味するようになったと説明すればよいと思います。

0

「何処の人という意味で「どちら様ですか?」と聞きますよね。「どちら」は辞書では二つのうちどっちの意味でしか載っていなくとも、話言葉は文法通りではありませんから、理屈通りには説明がつかないことは多いですよ。そういう時はその方の母国語の会話文の例を考えさせたらいいのでは? その外国の方から逆に教わることは多いと思いますよ。そしてその方も自国の言葉を意識できるので一石二鳥ではないですか?

0

日本語で「どちら」は、「どこ」と同じ意味でも用いられます。 「どこ」よりも「どちら」の方が丁寧、上品なニュアンスになりますね。