現在ブルー免許の者の質問です。

補足

補足:過去違反歴はありません。 現状のまま違反なく更新していけば2024年9月と教えて頂きありがとうございます。 以下もよければご回答お願いします。 ①最短でゴールド免許になるには2022年で5年+40日に上位免許取得することで可能というでしょうか。 ②回答者様方の仰る通り更新は3年,5年が原則だと思います。 ただ以下の通り1,2度目の併記の際の有効期限が各々2年後になっています。 同年の6月~9月で1年換算とされているということでしょうか? 併記(普通二輪)2018年6月→2020年9月迄 併記(大型二輪)2019年6月→2021年9月迄

運転免許 | 運転免許61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答頂いた中でも自分の中で1番分かりやすかった為、BAにさせていただきます。 ややこしく自分では理解出来なかった部分が多かった為助かりました。

お礼日時:1/25 18:30

その他の回答(5件)

0

来年2022年の3月でちょうど5年になるのでそれ以降に合わせて併記すればゴールドになります。 自分は2015年3月に最初の免許(小特)を取ってから去年20年5月に牽引二種を取ったときにゴールドになりました(5年と2ヶ月)。

0

ゴールド免許に必要な5年の免許歴は、停止期間を除いて、最初に運転免許を受けた日の翌日から計算します。初取得が普通免許で 2017年3月の仮に15日だとするならば、停止期間が無ければ、2022年3月16日の0:00で5年間の免許歴を達成するので、以後の更新手続きであればゴールド免許になれます。 ただ、質問者さんの場合、現在の手持ちの運転免許証の有効期限が2021年9月なので、その時点ではまだ免許歴が5年に達しておらず、更新で交付されるのはブルーの3年の免許証です。よって、ゴールド免許になれるのはその次の更新、つまり2024年になります。

補足について。 「最短でゴールド免許になるには」 併記の時は40日前を考える必要はありません。併記の日の時点で免許歴が5年に達していればOKです。つまり、上の例で言えば2022年3月16日以降の併記でゴールド免許になります。 「1,2度目の併記の際の有効期限が各々2年後になっています」 有効期限は「3回目の誕生日の1か月後」ですから、併記の日によっては2年ちょっとしかない事になります。 「同年の6月~9月で1年換算」 期間は「暦日計算」です。年で数えるのではありません。だから私はわざわざ「仮に15日」と指定しています。

0

自動車免許の更新は、基本的に3年または5年以外あり得ません。但し、初回の更新は3回後の誕生日が更新月となります。また、新しい免許(限定解除は新しい免許に含まれない)を取る事で、3回または5回後の誕生日が適当されます。 初免許を取得後、3回目の誕生日を迎えて更新する、あるいは新しい免許を取る事で、必ずグリーンからブルーとなります。その後、条件を満たす事でゴールドとなります。それは既にご存知の通り、免許取得後、あるいは最終違反日から5年+40日間無違反である事です。 貴方の場合、違反がないと仮定すると、22年4月に更新すればゴールドです。しかしながら、ゴールドにしたいから更新させてくれと言っても、させてくれません。21年9月には5年有効のブルー免許が交付されます。よって、ゴールド免許は26年9月の更新時となります。 基本的にゴールドを取得には、違反がなたあと仮定して、免許取得後3回目の誕生日の更新(ここでブルー)、5年後の更新(ここでゴールド)の合計、つまりは7年以上8年未満の期間が必要となります。何故なら、違反が無ければ初回更新時に5年の免許が渡される為です。 貴方は普通二輪で3回後の誕生日迄有効のブルーを渡され、大型二輪でまた3回後の誕生日迄有効のブルーを渡されている筈です。よって、前出の通り、違反がなければ次は5年有効のブルーを渡され、その次の更新でゴールドとなる、これが答えの筈です。 裏技としては、22年4月以降に、現在では運転の不可能な免許(中型や大型の自動車、牽引、大型特殊、各種2種免許)を取得する事で、その免許取得時にゴールドで発行されます。頑張って下さい。

更新後見返してみたら、誤りがありました。貴方は2017年3月取得で次回更新が21年9月であり、免許取得後5年が経過してたいないのて、次の免許は3年有効のブルー免許です。よって、初免許取得から5年以上経過後に新規に何も取得しなけば、24年9月にゴールド免許に変わります。 誤った回答をしてしまい、失礼致しました。

0

免許歴が5年未満だと、初回更新になり有効期限3年です。 2021年の更新時は免許歴5年未満なので、更新後の免許の有効期限は3年後 2024年9月になります。 2024年の更新時には免許歴5年がクリアされます。 この時誕生日の40日前の時点で過去5年間無違反であればゴールドです。

ゴールドになる判定は、 併記した場合は併記した日を基準に過去5年間の違反歴により判定。 更新の場合は更新期間中の誕生日の40日前に過去5年間の違反歴に寄り判定。 (更新の場合、更新期間中のいつ更新しても条件が変わらない様にする為、ゴールドが決定しているが更新する前に違反した場合は次の更新の過去5年に含まれるので次の更新でゴールド剥奪になる)

0

ご存じのとおり、金帯免許交付の要件は5年間以上無事故無違反無処分です。 従いまして、2022年3月の免許取得日応当日以後に免許の併記なり、更新があれば金帯免許が交付される予定です。 現在の免許証の有効期限が2021年9月ということだと、今年の免許の更新で交付される免許証の有効期限は2024年9月で青帯となる予定です。 更新で金帯免許の交付を受けたいのであれば2024年9月時の更新となる予定です。

少し間違った理解をなさってるようです。 免許証の更新の場合、免許証更新年の誕生日の40日前に更新後の免許証の帯色と有効期間を決定します。この日のことを基準日といいます。 この基準日まで5年以上無事故無違反無処分である必要があるのです。 今日免許証の更新に行ったら青帯免許が交付され、明日免許証の更新に行ったら金帯免許が交付されるということはありません。 併記で金帯免許の交付を受けたいのであれば、2022年3月の免許取得日応当日以後に併記をすればいいのです。 交付される免許証の有効期間というのは、経過する誕生日の回数で考えます。 ある日併記をしたとします。併記日から3回目の誕生日とか併記日から5回目の誕生日と考えます。