趣味の真空管アンプ作りで、回路図を見ていてフト思う事がありましたのでご教示いただければと思い投稿しました。

オーディオ120閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ちなみに、前述のトランスを使った場合、A級シングルでは、12AU7 シングルをA2級で使い、動作点を250V 4mA程度とする動作にすると、0.64ワット程度となります。(2次側に繫ぐスピーカーも特殊なややハイインピーダンスのものをつかってもその程度です。普通のスピーカーではもっとずっと小さくなります。)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な説明、ありがとうございます。どうりで見ないはずですね。こんなつまらない疑問にも皆さんからの返答を頂きありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2/1 16:00

その他の回答(3件)

0

その様な発想はしていませんので、想像の範囲になりますが。 下記の2点が問題になります。 ① 一般的にブッシュ型のoptは、p1・p2と中性点が+b端子ですから、逆巻になりますので、信号が打ち消し合う。直流的には重複される。 回路的に、p1-+bとp2-+bが専用巻で出来ているのなら可。 ② プッシュ型とシングル方は、コアーの作りが違う。 プッシュ型は、直流的に逆相になるので、打ち消し合いコアーが直流磁化されない。 シングル型は、ある程度の直流が流れても直流磁化されない様に、ギャップを設けてある。 シングル型はコアーがプッシュ型よりも大きく作られている。 要するに、プッシュ型を使うには無理が有ります。

0

バイアス電流でトランスが磁化されてしまいます! カソードに、マイナス電源に繋がった定電流素子つけて、バイアスでカソード電位が0Vになる様にすればカソードにトランスの片端を繋ぎ、他端をアースに繋ぐ事で出力を得る事ができます。オペアンプでバイアス電位を作るみたいな感じです。それなら直流磁化を気にする必要はありません。ちなみにどデカいドライブ電圧が必要になります。

0

あなたの言うとおりに接続するとインダクタンスは1/2どころか無くなってしまいますよ。