ID非公開

2021/1/25 0:39

66回答

アコースティックギターについての質問です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!!!!!!!

お礼日時:1/25 12:39

その他の回答(5件)

0

フレットって金属棒一つで半音変わるってわかるよね? 例えばC(ド)~D(レ)は1音違うからフレットを二つ移動させる必要があります。 しかし、EとF,BとCの間は半音です。 それを踏まえて、EコードからFコードにするには、半音上げるのだから、Eを半音ずらして1フレットにカポをはめればFコードになりますよね。他のコードでも同じです。例えばCなら半音上げればC#になるし、1音上げればDになる

0

>アコースティックギターについての質問です。 >自分初心者なんですが、カポについていまいち分かりません。 >アレでバレーコードがより楽に引けるようになるのは分かります。 >では、つける前までのDやCなどのオープンコードはどうなるのでしょうか。 カポによって、オープンコードCは、次のように変化します。 カポ無で、オープンコードCを弾いたら、鳴るのは=Cコードの音高。 カポ1で、オープンコードCを弾いたら、鳴るのは=C#コードの音高。 カポ2で、オープンコードCを弾いたら、鳴るのは=Dコードの音高。 カポ3で、オープンコードCを弾いたら、鳴るのは=D#コードの音高。 カポ4で、オープンコードCを弾いたら、鳴るのは=Eコードの音高。 カポ5で、オープンコードCを弾いたら、鳴るのは=Fコードの音高。 カポによって、オープンコードDは、次のように変化します。 カポ無で、オープンコードDを弾いたら、鳴るのは=Dコードの音高。 カポ1で、オープンコードDを弾いたら、鳴るのは=D#コードの音高。 カポ2で、オープンコードDを弾いたら、鳴るのは=Eコードの音高。 カポ3で、オープンコードDを弾いたら、鳴るのは=Fコードの音高。 カポ4で、オープンコードDを弾いたら、鳴るのは=F#コードの音高。 カポ5で、オープンコードDを弾いたら、鳴るのは=Gコードの音高。 回答は以上です。お役に立てたなら嬉しいです。 何かご質問があれば返信欄にどうぞ。それでは又。

1

そもそもギターの構造と音階の基礎を考えればすぐ理解できますよ。 ギターはレギュラーチューニングの場合、6弦からミラレソシミとチューニングされます。 そしてフレットは半音きざみに打たれてます。 さらに音階は全全半全全全半と並んでます。 つまり、例えば2カポでCのフォームで弦を押さえると、実際に出音はDのコードの音になります。 カポはあくまでも音が高くなる方にしか作用しませんのでそこは注意しましょう。 カポを使ってキーを下げたりすることもできるんですが、その場合移調してコードを変換する知識が必要になります。

1人がナイス!しています