ID非公開

2021/1/26 0:11

55回答

映画『インターステラー』について質問です。 最近、知り合いに勧められて見たのですが、私の頭が悪いせいで内容が理解できませんでした…。

外国映画 | 天文、宇宙118閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさん回答ありがとうございます! ベストアンサーに迷ったのですが、一番最後に答えてくださった方に!

お礼日時:1/26 11:01

その他の回答(4件)

0

本でも買おうか? 【挫折した人でもわかる「相対性理論」 アインシュタインは何を考えたのか】 https://news.kodansha.co.jp/7428 ⚫YouTube動画で勉強 https://youtu.be/voFHToRM4xI その他・・・ 【インターステラー解説: 何がすごいの?鑑賞のポイントとストーリー解説・考察】 https://www.youtube.com/watch?v=9oPxG6Gv6U4

3

めちゃくちゃ雑に言うと、移動速度や重力の大きさによって時間の流れの速さが変わる的な話です。 なのでブラックホールの近くの星では時間の流れが遅かったのです。 また、4次元、5次元というのは、4本の直線が直交する空間、5本の直線が直交する空間です。つまりこの空間とは違います。我々の住む空間では高々3本しか直角には交わらないですよね。 ただ4次元「時空」といった場合はちょっと意味合いが変わります。本作ではこの意味で使われているような気がします。 しかし、このへんのSF作品における使われ方はかなりガバガバだと思うのであまり気にしなくていいと思います。 要するにこの映画においては、ブラックホールの中の空間では、簡単に時間と空間を移動できるということのようです。しかし人間が自分の体で移動できるわけではなく、「重力波」というエネルギーのようなものの形で別の時空に干渉できるということのようです。 主人公はそれに気づき、重力波を無理やり送ることで簡単な信号を娘に送りました(最初に砂が変な落ち方をしたり、本棚が動いたりしていたのは全部未来の主人公がやっていたことです)。 まあSFなので、現実にそういったことが可能かどうかはあまり気にしなくていいのです。 そもそも時間を逆行することなどできません。 この物語の肝は、父と娘の愛が時空を超えて伝わり、みんな幸せになった。ということです。それを象徴する場として「本棚」が使われているだけだと思います。 ほかの回答者様がおっしゃっているように、感覚で楽しめたならそれでOKだと思います。

3人がナイス!しています

1

自分の頭と理解力と感性にあった作品見ましょう 相対性理論なんてググればいくらでも出てくるでしょう? そうやって自分で調べればすぐわかることさえ自分では何も調べず、疑問あれば全て知恵袋で他人に教えろという思考そのものが、あなたの頭の悪さと理解力の低さに繋がってるんでしょう あなたが自分は小学生レベルと自分でいうように、サザエさんやコナンくん、男女が出会って恋してハッピーエンドみたいな、小学生でもわかる作品だけ見てたらいいですよ

1人がナイス!しています

1

監督のクリストファー・ノーランは映画は考える物じゃ無い、感じろ!って言ってます。観て感動して泣いたんならしっかり監督の意図は汲んでいると言う事です。相対性理論や5次元もみんなググって解説サイトで理解したり深く理解したい人は常日頃からNHKの宇宙物のドキュメンタリーを見たり本を読んだりして理解を深める物です。小学校で相対性理論も5次元も教えないですよね。小学生程度の理解力では時期尚早で教えて無いのですから、小学生にもわかる様には酷ですね

1人がナイス!しています