ID非公開

2021/1/26 1:04

44回答

スキーでセンター中心でのターンはいつ使うのでしょうか?普通はトップ中心ですよね?

スキー51閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/26 7:02

そうなのですか。。 普通にボーゲンからパラレルって習うと、トップですよね。そんなこと知らない人も多いのではないでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:1/26 15:28

その他の回答(3件)

0

センター中心のターン、トップ中心のターンというのは、昔々のストレート板時代の話です。 ストレート板は、脚を捻って板を回していたので、中心というのがありました。 センターを中心(支点)に脚を捻ればトップとテールが左右逆に振れますし、トップを中心(支点)に脚を捻ればテールが左右に振れます。 テールを中心にトップを左右に振ることもできます。 しかし現在のカービング板は、板を傾けてエッジを立て荷重することによりターンしますから、どこかを中心に脚を捻るということはありません。 脚を回旋する場合もトップが通ったところをテールが通るように回旋するので、どこかを中心にということはありません。 唯一、コブ斜面や狭い斜面で活用するピポットターンにおいてセンターを中心に脚を捻ってクルっと回転する技術を使います。

ID非公開

質問者

2021/1/26 9:51

レッスンで2通り練習しましたが。。。なにか勘違いですか?

1

いや、トップ中心はないです。 いつもスキーの真ん中に乗るような意識ですね。

1人がナイス!しています

0

>スキー >センター中心でのターンはいつ使うのでしょうか? >普通はトップ中心ですよね? これって、「禅問答」ですよね。 常に同じ運動をしている訳では無い。滑って行くのだから、同じ所で同じ事をしている訳では無い。 アッと思った瞬間に修正・リカバリーを入れる訳だし。。。 そういう時に、コンディション次第で、捻りも有効に成ったりする、と考えられないでしょうか? 私だったら、常にTopから切り込んで行く事を主眼に据えますが、深雪や悪雪の中では、踏み込んで行く最中ずっと捻りを入れ続ける、という操作を使ったりします。 これは板テールを外に振り出したくても出ない様な状況で有効です。し、単に捻って行くのでは無くて、雪上を竹箒で掃く様な、そんな力加減にしたりもします。 宗教上の理由で f(^^;) コブ斜面を積極的に滑る事はしませんが、側面を削りつつ落ちて行く最中にも、わざとして有効かと思います。 無意識の内に修正の技法、誤魔化しの手段として「捻り」を使っちゃってる事も結構在りますが(後で膝が痛く成るので判る)、そうでは無くて、自分から捻りを入れる場合に、板中心に乗れている事、後傾していない事は大事な要素に成る、と考えますね。d(^^)

ID非公開

質問者

2021/1/26 6:56

禅問答? 普通に質問しただけですが。。 意味わからん。。