回答受付が終了しました

法務大臣Dは、「被疑者が犯行を任意に自供している場合、他に証拠がなくても本人の自白だけで、

政治、社会問題 | 法律相談7閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

回答(1件)

0

日本国憲法38条3項に「何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない」と明記されています。 また、 日本国憲法第32条には「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない」とあります。 この条文に則ると、「本人の自白のみを証拠として、審理をすっとばして有罪にしちゃおう」というのは出来ませんね。 裁判所は「証言や証拠に基づいて審理して判決を下す」のがお仕事ですから、それが罷り通ったら弁護士さん失業しますよ。