二酸化炭素を排出しない次世代火力発電として、アンモニア火力発電が度々話題に上がりますが、

ボランティア、環境問題、国際協力 | 地球温暖化91閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

”” ただ、アンモニアは燃焼の際にはCO2を排出しないものの、アンモニアの原料となる水素を石炭や天然ガスなどの化石燃料から製造する場合、製造過程でCO2が発生します。そこで、化石燃料から水素を製造する過程で生じるCO2を回収し地下に貯留する方法(CCS)や、CO2を再利用するカーボンリサイクルのほか、再生可能エネルギー(再エネ)を使って作った水素を使うことで、真の「カーボンフリー」の実現を目指す動きがあります。福島県の福島再生可能エネルギー研究所では、再エネ由来電力で作った水素からアンモニアを合成する実証研究が行われています。将来的には、カーボンフリーの燃料アンモニアを使った電力を普及させていくことも考えられています。 ”” → 良くは判らん!調べてみようよ!ですよ!

1人がナイス!しています

(追記) 結局の所ですから!排出CO2気体そのものを、『削減減らすべき理由・根拠があるのか?どうか?』ですよね?減らす理由ありますかね?無いでしょうね!ですよね?無いのですよ!!!!!