ここから本文です

個人の使用、医療目的で大麻を栽培し逮捕されました。初犯です。

tokumeikibou_japanさん

2009/3/703:17:08

個人の使用、医療目的で大麻を栽培し逮捕されました。初犯です。

悪用の可能性、産業・医療目的での研究、また依存性・中毒性、報道する側の表現に関して
経験者・未経験者の感想をお聞きしたく質問します。
大麻取締法違反者で使用経験、逮捕経験ともにございます。誤解、偏見のある表現を避けて意見させていただきます。私は慢性の気管支喘息を患っておりまして、書籍、インターネット等から気管支喘息に効果があるとの記述を読み、渡航先で使用しておりました。効果は確実に確認でき、健康であることを実感して、帰国後も定期的に季節の変わり目で発作が起きる前兆にのみ使用しておりました。無料で手に入る環境で発作の恐ろしさを回避できる生活でしたが、違法行為なので逮捕されました。法律違反である以上うしろめたさはございましたが、生活に支障はありませんでした。単独犯です。誰も誘いませんでした。医療機関の現状に不信感を長期間(大麻の使用以前から)抱いております。大麻は厚生省に全て押収されましたので使用、所持できない環境にあります。買うのは価格が不透明であることと、譲渡(買う)は覚せい剤を勧められる可能性もあるので恐ろしく、関わらないようにしていました。中毒・依存・幻覚作用の実感は使用中もございませんでした。病気であることを受け入れておりますが、医療機関にもなるべくなら通うことを避けたい状態です。(土・日の診療はなし、発作が起こってからでは遅すぎるため、平日は勤め先に迷惑がかかるため)自分自身の身勝手な行動でしたが所持していた時は安心して生活できました。少ない量でも効果が現れ、処方された薬より便利でした。自身の健康状態で家族に心配をかけるのも嫌でしたし、違法行為を他人に伝えるのも嫌でした。私は汚染されているのでしょうか?道徳として道を誤ったのでしょうか?法律を尊守できなかった自分の意思の弱さも反省しております。覚せい剤、その他麻薬の乱用に関しての取締りには協力を惜しみません。医療機関での慢性的な病気への研究や大麻取締法の見直し、医療目的での研究、免許制の規制緩和を希望しております。賛成、反対、中立のご意見を恐縮ですがお願いいたします。長々と失礼いたしました。

補足よく調べた上での意見を希望します。
ハルシオン:睡眠薬で緑内障の者や気管支喘息などで呼吸機能が低下している者は投与してはならない。

閲覧数:
5,881
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/3/914:54:34

次のサイトに、貴方の知りたいことの多くが載っていますのでご覧下さい。
(2列目に、貴方と似たような経験をしたかたの例があります。)
http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=977
http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=195

質問した人からのコメント

2009/3/14 18:37:16

benzaiten様貴重なお話をありがとうございます。迷いましたがURLに細かい記述がございますね。ご覧頂ければ幸いです。厳しく判断させていただきましたが、賛成3、反対2、中立4。とさせていただきます。反対の方は医療の現状にも目を向けていただきたく思います。賛成の方は何が悪いのかをご存知のようですね。中立の方からも前向きなご意見をありがとうございます。経験に勝るものはないようですね。医療の現状を問題視いたします

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/3/1400:06:25

免許なんかいらないよ。
18以上なら誰でも吸えるように解禁したらいい。
マリファナはjahからの贈り物。
それをバビロンに支配されるなんてたまったもんじゃない!!!

benzaiten_73さん

2009/3/1102:15:39

カリフォルニアに住む友人は免許を持っています。自分で吸う分を栽培するためです。
免許を持っている人だけが入れる販売所(クラブと呼んでいました)があり、マリファナ入りのキャラメルなど買うことができます。
免許がなくても、タバコを吸わない人でも大麻ならほとんどの人が吸いますし、日本での現状を話すと皆本当にびっくりします。悪いものではないと身をもって体験しているからです。公共の場で吸ったり、売ることに関してはアメリカでも厳しいですが、個人が自宅でたしなむことに関しては一切干渉されません。
日本では、法律で犯罪扱いされているのは事実ですが、大勢の人が、『違法=悪いこと』と思い込みすぎだと思います。
『間違った法律=とても悪いこと』ではないでしょうか?
政府もこれまで犯罪扱いしてきてしまった手前、今さら手の平を返すわけにもいかず、だけど本当は合法化してもいいと思っていて、「しょうがないから合法化」のポーズを作るためとりあえず取り締まりを強化してなるべく話題にのぼらせているのではないでしょうか。

戦争反対と口にするだけで逮捕される時代もあったんですよね。
逮捕された人は確かに『犯罪者』の烙印を押されたかもしれませんが、悪いことをしたわけではない。
時代の犠牲者ですよね。
大麻で逮捕された人たちは、これとまったく同じであると私は思っております。
悪いことをしていない人を犯罪者扱いする人たちの方がよっぽど犯罪者です。

私は、あなたが汚染されているとは全く思いませんよ。
大麻取締法は改正されるべきですし、近い将来に必ずされるものと私は信じております。

hifana8187さん

2009/3/821:30:42

>経験者・未経験者の感想をお聞きしたく質問します。


素直に経験者だけの意見を聞くほうが回答が得られるかもと思うよ。未経験者の意見は、どこかのサイトの文章を参考にしている程度だろうし、売買していたわけではなく、自分の健康のためだったんでしょ。初犯で大麻の効力に生活が頼られていたら、また栽培したくなるだろうと思います。警察は定期的に栽培してないかなど監視に巡回してこないのですか?

>私は汚染されているのでしょうか?

それは解らんです。かなり身近で日常的な存在だったので、匿名性とはいえ質問を書くこと自体に抵抗は無いんだろうけど、これだけ多くの大麻に関する質問があるなかで、堂々と書くのは、感覚がまだ大麻に対して切っても切り離せない距離感なのだと感じます。多くの反対する意見(大麻を肯定する意見が圧倒的に少ない)があるのに、書けること自体、その神経がまだ汚染とは言えなくても普通ではない気がします。栽培者をおびき出す釣り行為にも見えるし、きっと葛藤されているのでしょう。

>覚せい剤、その他麻薬の乱用に関しての取締りには協力を惜しみません。

うん、解る。解るというか、薬物乱用などよりも、道路交通法を無視していることのほうが犯罪に直結してる。田舎道を平気で違反速度で運転する慢性的な習慣のほうが悪くて、なかなか直らない犯罪だと思います。

新しい道は警察が巡回してるのを知ってて、古い道を抜け道として走るドライバーのほうが警察からしてみれば管轄が違うの一言だろうけど、こっちのほうが懲りない、直らないと思える。むしろ、大麻などをして安全運転を心掛けてる習慣のほうが安全だ。大麻が悪い作用をするのではなく、もともとの個人の習慣や性格が根底に潜んでいるので、大麻をしてたから事故を招きやすいのとは違うと思う。

質問期間を長くもうけて、回答者さんからの質問文を含んだ回答を補足欄に締め切り前に書くようにしたほうが良いんじゃないかな・・・。

tomopyon0022さん

2009/3/802:38:20

日本では大麻を吸う事の害よりも捕まった時の害の方がよほど大きいです…。
医療でヒロポン使う事が認められてる位なら大麻位医療で認められても良いと
思います。

編集あり2009/3/716:12:58

>米カリフォルニア州で認められている医療用マリフアナの使用を理由にした従業員解雇が妥当かどうかが争われた訴訟で、州最高裁は24日、マリフアナ使用は米連邦法が禁じているとして、解雇は妥当との判断を示した。ロイター通信などが伝えた。

原告の男性は負傷した背中の痛みを和らげるため、1999年から医師の薦めでマリフアナを使用。その後入社した州都サクラメントの電気通信会社での検査で陽性反応が出たため、解雇されたという。

カリフォルニア州は96年の住民投票で、苦痛を和らげるための医療用マリフアナの使用を合法化した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/america/080125/amr0801251847025-n1.h...

>アルゼンチンでは,破傷風,うつ病,せん痛,淋病,肺結核,喘息等の万能薬として,ブラジルでは,鎮静,催眠剤,喘息薬として,またアフリカでは土着民の問で炎症,敗血症,赤痢,マラリア等に用いられていた。

欧米に目を転じてみると,イギリスにおいては,1800年代にインドで生活したことのあるO'shaugnessyが,心身の苦悩の治療や疼痛,筋肉痙攣破傷風.狂犬病,リューマチ,癲癇に使用しているし,アメリカでも1800年代に破傷風から肺結核までの万能薬として使われていた。

このように古くは医薬品として使われた大麻は,現在では一般的に医薬品としての価値はないと評価されている。国連麻薬委員会(Comission on Narcotic Drugs , UN)でもこの問題について討議している。

中略

日本薬局方は1886年以来公布されているが,その第一版には”印度大麻草”及び”印度大麻草エキス”が鎮痛,鎮静若しくは催眠剤として収載され,また1906隼の第三改正で”印度大麻チンキ”が追加収載された。これらは,1951年の第五改正日本薬局方まで収載されていたが,実際には余り使用されず,第六改正日本薬局方において削除され,それ以後収載されていない。

●↑「医療大麻」は北米で研究が盛んなようです。痛みを和らげる効果で「効いた」と勘違いしているのでは?根治には至らないのでは?
少なくても「医療大麻」で治療中は「車の運転」はできないし「就業」も難しいでしょう。


>米国においては、死者が発生した自動車事故において運転者から検出されることのある物質の1位がアルコール、2位がマリファナです。アルコールとマリファナとが検出されることもよく見られ、両者が合わさると顕著に運転能力の低下が見られるとされています。

●ネットでよく「大麻を吸えば自殺者が減る」とか「鬱病にならない」とかの趣旨の情報を見ますが実際は↓

>【キャンベラ19日AAP】オーストラリア・メディカル・ジャーナルに掲載された報告書で、NT準州のアボリジニのコミュニティーにおけるマリファナ使用が高い自殺率やうつ病と関連性があることが分かった。

報告書には「アーネム・ランドのコミュニティーでは、2001年以来マリファナの使用の拡大が続いており、2005年~2006年では13歳~36歳の男性の61%、女性の58%が最低週1回はマリファナを使用している」とある。豪人口全体では14歳以上の男性の24%、女性の21%が最低週1回マリファナを使用している。

報告書ではマリファナの使用がアボリジニの人々の精神面に悪影響を及ぼしていると示唆している。

精神活性物質の乱用が原因で生じた精神・行動障害のためにアボリジニが入院する確率は非アボリジニの豪人よりも4~5倍高い。また、24歳までのアボリジニの自殺率は非アボリジニの豪人女性の5倍、豪人男性の3倍だった。

同報告書の発表により、連邦政府に対し今後早急にこの問題に取り組むように求める声が上がっている。

●とか↓

>大麻の危険性について医学的見解は元に戻った

新しい大規模解析によれば、頻繁な使用は精神疾患リスクを二倍以上にするThe Lancetに発表された新しい解析によれば、大麻の頻繁な使用は統合失調症などの精神疾患発症リスクを2倍以上にする。

The Lancetは1995年に大麻の使用は健康に有害ではないという論文を掲載している。この知見は現行の英国の大麻に関する法律の矛盾をさらに拡大するだろう。2004年に大麻をクラスBからクラスCに格下げしているからだ。これまで公的議論では大麻はアルコールや中枢興奮剤(アンフェタミン)やオピオイドより害が少ないと見なされてきた。しかし大麻の精神疾患に関する長期有害影響は見落とされてきた。

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2007-07/l-cci072507.php

●私見ですが
産業用大麻については反対しません。産業用(麻)大麻はPHCが少ない品種だそうです。
(現在も免許を取れば栽培できますね)
医療用については「合法地域」の主権を尊重しますが、社会生活に支障が出ても
自己責任で!

日本においては社会問題になるようなことを「合法化」する必要は無いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。