回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/15 10:57

2424回答

小学校低学年の子供がときどき学校をサボります。アリだと思いますか?

補足

みなさんご意見や経験談をありがとうございます。 「子供の頃からサボっているとろくな大人にならない」というご意見は、2つの点で抽象的でよく分かりません。 1.「ろくな大人」って何でしょうか?毎日出社さえしていれば、仕事の成果が出ない人でもろくな大人ですか?性格に難があっても仕事さえできれば「ろくな大人」ですか?他人に迷惑をかけなければOK? 2.小学校時代に学校をサボった経験と、「ろくな大人」の相関関係はどんな風にあるのでしょうか?辛い登校を強制されて不登校や精神疾患になってしまったら元も子もないのではと思うのですが。 私自身が子供を甘やかしてサボらせているのは確かにそうなのですが、知りたいのは以下の点です。 サボり行動が子供の生活や将来にどう影響するのか? 学校教育の画一性は将来緩和されると思いますが、それなのに今画一的に過ごさせる意味はあるのか? 子供にどの程度の自由を認めて良いのか?(そもそも思慮の浅い子供には自由を認めない方が良いのか?) 厳しくしすぎるのは子供の人権を蔑ろにしていないか?(そもそも思慮の浅い…以下同文) 学校運営の点からどこまで多様性が認められるのか?

小学校 | 子育ての悩み339閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

4人が共感しています

回答(24件)

0

頻度によると思いますが、月に1〜2回というのは多すぎる気がします。 中学生までそんな感じだと成績が良くても内申点に響きませんか? 身体に不調があるなら(仮病だとしても)休ませて良いと思いますが、「〇〇したいから」というのは、休みの日にやったらよい話ですし。。 まぁ、私自身は高校になっても結構遅刻や休んだりもしてましたね。 そのまま就職してたらどうなったか分かりませんが、大学でとある部活に入って規律が厳しく、そこで鍛えられました。 遅刻したら他人に迷惑をかける、体調管理が出来てないのは自己管理が出来ないダメな人。 そういうのを叩き込まれて社会に出たので、会社に入っても遅刻、欠席は殆どありません。 やはり、社会人で頻繁に遅刻や欠席する人は、例え仕事が優秀だとしても周りからの信頼を得るのが難しくなると思います。

2

低学年ではどの子も勉強できて当たり前。 小学校途中までは勉強というより、勉強する為の準備期間。 なので勉強よりも、知らないことを知る機会を与えられていると思って通わせるかな。 うちはIQで言えばメンサに入れるほどだけど、それでも授業を受けなくて良いとは思わない。 まぁ勉強面は置いておいて。 努力とか我慢とか、今しか身につけられないことがあるから。 自分も社会(今ならクラス)の一員ということを学んでほしい。 自分が抜けて全体は困らなくても、個人で困る子が出る。 係や委員、連絡帳の確認、添削なんかがあるらしい。 それに、努力と我慢の経験が足りないと後々厳しくなる。高校までは学力だけでも何とかなるかもしれないけど。 進学先でその際の将来まで影響するのが日本。やりたいことができない、将来の幅が狭くなっては本末転倒。 ただ、休ませる理由にもよる。 疲れてだるい、帰宅後眠る、は個人的には気になるところ。 我が子はエネルギーに満ち溢れているタイプなのでわからないけど。 精神的に疲れやすいタイプなのであれば、休息は必要なのかも。 将来的に自分をコントロールできることが必要なので、息抜きはその一つとしてアリかと。 遅刻はなし。日本で生きる以上、ルールを守れないことは避けたい。 プライベートでも。信頼が下がる。 親がいる日を狙ってというのは寂しさもあるのかな。 必ず行かせろとは思わない。親の基準がぶれないなら、休みはあり。 疲れるかどうかは子の性質次第。 疲れるのは情報を処理しきれていないのでは。頭のなかで。 その辺は個人差。不器用なのかも。勉強も人間関係も。 器用に息抜きできる子は疲れない。 子供の様子を見て決めることだと思う。

2人がナイス!しています

0

あなたが仕事の日は休みたいといわないのは、サボりたいといっても学校に行かされることがわかっているからですよね。 つまりお子さんはあなたに甘えている。そしてそれが許されるからそうしている。ということになります。 それぞれのご家庭の考え方がありますから、あなたがそれを良しとしているなら別に問題ないと思います。 勉強についていけているからサボっても良いというお考えのようですが、 勉強ができなくてもサボりたきゃサボれば良いというお考えのご家庭があったとしても、そのご家庭がそれをアリだとしているなら、それも問題ないと考えます。 それらがネグレクトの域になれば、話は別になりますが。 世の中にはいろんな人がいます。 毎日しっかり学校に行ってた子が将来、自分が幸せだと思って生きていけるとも限らないし、 周りにこんな人にはなりたくないと思われたとしても、本人が幸せだと思えるなら、その人は勝ち組なのです。 何をもって成功とするか、どこをゴールに定めるのか、それは人それぞれですから、あなたの思う子育てをされれば良いと思います。

0

私もたまに大きな理由も特になく行きたくない日があり、母に言って家でのんびりと過ごしたこともあります。 成績はトップ10ではなかったけど、上の中くらいでした。 私の親も行きたくなかったら無理に行く必要はないという方針だったようで、特に話し合うこともなく休ませてもらいました。 不登校にはならないよう、あまりにも遅刻、欠席が多くなってきたら、月に何回までか決めるなどしてもいいと思いますが、勉強についていけなくならない限りはいいんじゃないでしょうかね〜。 子供だって息抜きしたい時もありますよ。 これは個人的な意見ですが、社会人になった時に有給休暇でお休みはできても、遅刻は良いとされないので、遅刻が平気にならない方が良いような気がします。

0

義務教育の義務はあくまで子供の学ぶ権利が守られるべく親に科してる義務なので、家で勉強をやっているなら別に良いのでは? もちろんお子さんが「学校で友達と遊びたい。友達と活動したい」というのに止めるなら問題ですけどね。 またこのまま行かなくなって指導要領内の勉強もわからなくなってしまうなら、親の義務違反だと思いますが、親が責任を持って家で学習をみたり身体能力向上のために運動をさせることができるなら休んだって良いのだと思います。 もちろん学校は欠席しないことをよしとするでしょうが、そういった評価に興味がないならお子さんやご自身が良いと思う教育をおうちでされたらいいと思います。