ID非公開

2021/2/16 20:13

1212回答

どうしてハードロック・ヘヴィメタル系に黒人ミュージシャンって少ないのでしょうかか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(11件)

1

白人が広めた音楽だからです。アフリカ系から白人はロックを奪いアフリカ系から反発があったので、ハードロックやヘビメタにシフトした結果です。アフリカ系の文化は、貧しくて満足に自分達の思うような戦略でできなかったアフリカ系の音楽をお金を持つ白人は横取りして白人が発売すると必ずヒットチャートに載るように操作されてきました。ジャズもブルースもロックも全て白人がアフリカ系の音楽を奪っています。そこでアフリカ系のミュージシャンを救うためにレコード会社やレーベルが別々に売り出したりしていました。HIP HOPだけはギャングの文化なので、白人が奪う事が唯一難しい音楽だったと思います。2000年以降からはその限りでもないようですが。白人の音楽はカントリーくらいしかありませんでしたから、当然彼らの世界にはアフリカ系は少ないです。

1人がナイス!しています

1

それを言い出すとカルチャーとか人種による脳や身体の構造の違いとかそういう話になってくると思います。 日本人はエレクトロニックやチップチューンみたいな機械的な音楽を作るのが物凄く得意で、それって性格とか文化や思考の問題が大きいと思うんですよね。 アメリカでもブラックカルチャーとホワイトカルチャーで別れてて同じように得意不得意があるんじゃないですかね?

1人がナイス!しています

0

少ない???とは言い切れない 黒人=ラップ、SOUL ブルースが多いって思い込んでるだけ 白人バリバリと思わせるカントリー界にも実はめっちゃ多い 我々?日本人からみると 一般的な一部分しか表から見てないから 理解しにくいだけですよ 第一 調べたわけではないはずなので イメージですね。 黒人と思わず 有色人種という意味では ある意味 肌色に関係なく めっちゃ多いですよ。 トッププレイヤーに少ないだけですね

補足>>>低所得者層は 確かに 少ないように感じますね 機材の関係揃えるのも大変ですし 身近に仲間でする場所、環境下が得られないのが理由でしょう。 音楽的歴史、ロックとかブルースなどの流れは あくまで教科書的な事ですので 「理由には関係ありません。」日本人に置き換えるとわかりやすいです。 サムライ時代や昭和初期などのタマシイ、儀式、文化が皆意識してるとは思えませんのと一緒です。

1

黒人のR&Bに白人が白人ならではのパワーを加えたのがロック。そのロックをハードに演奏するようになったのがハード・ロック。そのハード・ロックからブルーズ要素を取り除きクラシック音楽を取り入れたのがヘヴィ・メタル。端から黒人がやる音楽ではないからです。

1人がナイス!しています