UWFが新日に来た時は、こいつらプロレスのブックを無視してマジでやってると思いませんでしたか?

補足

回答者様に返信出来ません。ロック解除して下さい

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

初代UWFには従来のプロレスに辟易していたファンの桃源郷みたいな部分があったので、トップロープからの攻撃とかに拘らずにもっと我が道を行って欲しいと思っていました。そして長州軍団がいた頃の馬場さん同様に落日の闘魂には彼らと絡んで欲しくなかったです。

馬場の老化までは猪木は行ってなかったでしょ むしろタッグマッチだけど猪木と前田の対決は見所満載だったし 藤原とのシングルマッチは名勝負でした。

0

そんなことは思いませんでした。 猪木の相手選抜戦で藤原が前田に勝つことは 当時、大人だったプロレスファン(私もそのクチ、 もう死にかけ年齢なので)には全員、分かって いました。 高田「なんで指攻めたんだよ」 越中「顔蹴ったじゃんかよ」

1

こんにちは。 ミスター高橋本が出る前ですから、「ブック」の用語自体知る由もなく、不思議な感じでしたね。しかし、ご質問者様のご指摘通りスリルありました。いつキックや関節技が出るかと。因みに、坂口さんが前田がアキレス腱固め出した瞬間に無視してそのまま立ち上がって前田を踏みつけた時には思わず拍手しました。

1人がナイス!しています