回答受付が終了しました

米軍相手に竹で応戦していたというのは本当ですか?なぜこのような幼稚な戦略をしていたのでしょうか?

世界史 | 日本史120閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(14件)

1

実際に竹槍で戦ってはいませんよ。 あれは、「気合」ってもんです。 イギリスでも、イギリスには竹は生えていないので、鉄パイプを槍にして訓練してました。 まあ、女の子をレイプしようとして家の中に入ってきた敵をドアの陰からひと突き、とかいう場面ではけっこう有効ですよ。 夜、わずかの地面の窪みでも利用してべったり伏せると、意外に見つからないもので、通り過ぎた敵を後ろから突くとかね。

1人がナイス!しています

2

市民に渡す武器が無いからです。使える武器は全て軍隊が持って行きますからね!市民は安く幾らでも材料が有る竹槍を使うしか無かったのです。市民でも米軍が上陸して来たら竹槍では戦えない事は知って居ましたが配属軍人(高齢で軍隊では使えなくなって退職させられた軍人!)が市民に軍事訓練を強要していましたから従うしか無かったのです。全員が同じ武器を持てるのが竹槍しか無かったのです。配属軍人の指示に逆らえば○国民とか○○奴とか言われて仕舞います。

2人がナイス!しています

1

その米兵だって官給装備の装弾を 撃ち尽くしても敵と戦わねば ならない場合、小銃の先端に 銃剣つけて槍のような武器で 戦う場合は、竹槍で戦うのと 大差なし。銃や弾薬を支給され ない女子供に竹槍で戦えと 軍事教練したのは太平洋戦争の 日本で実際に行われたようです。

1人がナイス!しています