打楽器について。 マリンバはどのマレットで叩いたら良いのでしょうか。場合によっては割れる、とネットで書いてあったので、怖くなりました。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

マリンバは皆さんおっしゃっている通り基本毛糸巻のマレットを使います。 その中でも、ソフト、ミディアム、ハード等硬さは色々あるのでそこは基本曲に合わせて使い分けます。 たまにベリーハードみたいなのとかありますが基本的にはかたいものでは叩かないです。プロの先生方は奏法や方針はなど皆さん個々のものがありますがほとんど皆さんおっしゃるのは「基礎練習はソフトマレットで」ということです。しっかり叩く練習にもなるとか。 多分質問者様の学校にあるのはグロッケン、シロフォン、ビブラフォンなどなど他の楽器向けのものかなぁといったところ。なんであれかたい種類もので叩くと割れやすいのでおすすめしません。かたいマレットで低音を強く叩くなんてしたら多分割れます笑 かたいものを硬いもので叩いたら凹んだり割れたりするのはよく考えてみれば結構当然のことです。スティックとかマレットの練習を机でしたりするとちょっとですが結構あっさりへこみます。 スマホとか座布団や布団に落としても画面割れることなかなかないからあまり心配しないけど道路とかに落としたら割れてないか心配するような感じです。 基本的に打楽器には「これは絶対にダメ」というのは奏法においては少ないと思います。しかしやはりいい音が出やすいものはあるので、調べてみたりするだけでも結構出てくると思います。 あとは私も正直詳しいことはまだまだよく知らないので、近所の楽器屋さんの人に聞いてみるとか、JPC(ジャパンパーカッションセンター)が行ける範囲なのであればそこの店員さんに色々聞いてみたらいいと思います。浅草にあるので機会があればぜひ。 打楽器は種類が多かったり自由度が高かったり本気になればなるほど面白い奥が深い楽器たちですがみんな繊細な子達なので保管のしかた等含め大切にしてあげてください

0

毛糸巻き:木製鍵盤向き →マリンバ 綿糸巻き:金属製鍵盤向き →ヴィブラフォン 金属 →グロッケンシュピール プラスチック、ゴムなど →グロッケンシュピール、シロフォン 一般に毛糸巻きは木製鍵盤向き、綿糸巻きは金属製鍵盤向きと言われているようです。 金属製などのグロッケン専用マレットはグロッケン(スチール製鍵盤)に使用します。ヴィブラフォン(アルミ製鍵盤)に使用すると凹みや傷ができるかもしれません。 ほかの材質では硬さ次第だと思います。ゴムのマレットでマリンバを叩くことができないわけではないですが、爪を立てたらへこむ程度には柔らかいヘッドでないと、鍵盤に凹みができるかもしれません。(マリンバの鍵盤は意外と簡単にへこみます) 高分子素材で熱を加えると硬くなるのがゴム、熱を加えると柔らかくなるのがプラスチックですが、基本的には製造方法の違いです。ゴムの中でも硬いものはプラスチックとはさほど違いはないでしょう。そのほかに木やアセタールなどのマレットもありますが、音色に違いを感じるようでしたら使い分けたらいいでしょう。 https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/marimba/selection/selection002.html

0

マリンバは、基本、毛糸で巻いてあるマレットを使います。 シロフォンだと硬質ゴム、プラスチックなどを使う場合もありますが、マリンバは毛糸巻きマレットを使ってください。