回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/19 21:11

11回答

学校の課題でバレーボールの戦術を2つ選んで利点と欠点を挙げてどのような場面で利点を活かせるかを調べないといけないです。自分はマンアップフォーメーションとマンダウンフォーメーションを選んで利点と欠点を調

バレーボール187閲覧

回答(1件)

0

今時マンアップを行っているところはあまりないかと。 精々中学生のフェイントカバーですかね。 一人をブロックの後ろに備えるのですからメリットはもちろんフェイントが拾えるです。 ただオフブロッカーマンアップはメリット有りますかね。 エースポジションで攻撃に専念したい選手は多くマンダウンポジションだとついついレシーブへの意識が薄くなるので、それならば思い切ってレフトは前に詰めさせ軟打を拾わせる。 特にクロスのレシーバーがレシーブが得意な場合はこれが良いです。 主流はマンダウンですがこれのメリットはやはりレシーブ時の移動距離の短さでしょう。攻守の切り替えも素早くでき、ポジションに速く入れてレシーブに備えられます。 また強打に対してはクロスレシーブが2枚になりますので強打に対しての守備力が上がる。 (ただしレシーブが得意な人間からするとクロスに二人いるのは邪魔である) デメリットはやはり、コートの真ん中があいてしまう事で上手く軟打でここを攻められると弱い事。