二酸化炭素の問題で油を燃やすのと石炭を燃やすのと何処が違うの?石油ストーブは良くて石炭の違いが分からないのだけど?石炭やペットボトル等も完全燃焼させると、灰すらも残らない、なのに何処が違うの?解る人教

補足

私の質問を見て下さった方又回答を頂いた方誠に有り難う御座いました、法律で小さな焼却炉を禁止 するのでは無くも少し綺麗な焼却が出来る様に研究をする努力をしていれば今の海洋ゴミも少なくなって居たのでは無いかと思い質問させて頂きました有り難う御座いました

化学 | 地球温暖化180閲覧

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

此は自分の経験を書いた物ですが無茶な質問に成った所があった事をお詫び致します、有り難う御座いました貴方をベストアンサーに選ばせて頂きます✨ ✨全ての燃焼がも少し綺麗な焼却が出来る事を願って折ります、

お礼日時:2/27 7:29

その他の回答(6件)

0

その前に 地球には重力があって、地球の周りには大気の層があって、大気には「温室効果」があると言われています。 で、その温室効果は、大気(窒素・酸素等の2原子分子)の持つ、保温・断熱効果働きによるもので、決して微量成分の「いわゆる温室効果ガス=3原子(多原子)分子」などの働きによって温室効果があるわけではありません。 それゆえに、空気は、ほぼ完全気体であって、大気の状態方程式【pv=nRT】(これは、熱力学でいうところのボイル・シャルルの法則の形です)が成立します。 温暖化CO2原因説・温暖化温室効果ガス原因説も、全部フェイクだと思います。 で、CO2は世の中の様々なところから発生します。 仰っていますようにどんな化石燃料でも、薪や炭や草木燃やしてもCO2は発生します。 ただ、灰の有無とか、プラスチックゴミとかレジ袋有料化とかなんの関係のありません。一緒にしないように!!!

0

石炭は完全燃焼させても灰分は残ると思うが。金属酸化物だから気体になってなくなったりしないぞ。 そして本題の方は水素が入ってるか入ってないかの違い。 同じ熱量を得る場合に、二酸化炭素だけ出てくるか、二酸化炭素に加え水も出てくるかの違い。 どちらも発熱反応だから、同じ熱量を得るなら水の生成で出てきた熱の分だけ、二酸化炭素の生成で出てくる熱が減る。生成される二酸化炭素は後者の熱量に比例すると考えられるから、この条件では炭化水素の方が出てくる二酸化炭素の量が少なくなる。 室内で開放型のストーブとかファンヒーター使ったことない? 加湿器もつけてないのに盛大に結露するという経験をしたことがある人も多いと思うんだけど。 石炭は個体で精製が面倒なので不純物が多く、精製のしやすい液体や気体の炭化水素などに比べて二酸化硫黄なども発生して大気汚染の原因になるというのもある。これは完全燃焼した結果出てくるものだから、完全燃焼させてもなくならない。 あとは煤煙があるけどこれは完全燃焼させればだいぶ減ることは減る。ただ灰分(不純物として含まれていた金属の酸化物)はどうしたって固体として残る。

と言う事は私が作りいろんな物を 炎が見えない所まで燃やし中に何も残って居なかったのは幻と言う事ですか?灰は燃焼器をひっくり返しても出て来ませんでしたが、?( -_・)?

0

石炭は、炭素の塊で 石油は、炭化水素化合物です。 同じエネルギーを得るときの燃焼は 発生する二酸化炭素(温暖化原因)の生成量は 石炭の燃焼:C+O2→CO2 石油の燃焼:石油をCnHmとすると、 CnHm+ O2→ CO2+H2O となり、水素も発熱するので、その分CO2の発生が少ない。 従って、CO2を発生しない水素を燃料とした車も検討されていたことを覚えていませんか? 現在の火力発電では、石炭や石油類ではなく、さらにCO2の発生が少ない液化天然ガス(LNG)を使う事でCO2の生成を減らしています。

液化天然ガスと言うのはメタンガスの事ですか?、同じエネルギーと言うのは完全燃焼させた時のエネルギーですか、?( -_・)? 今の石炭の燃焼は 炎が見える不完全燃焼をしていますよね、完全燃焼したときは 炎が見えない、ろうそくで言えば一番したの部分に全体が成ります、見た事が有りますか?その時のエネルギーですか?

0

発生する熱量当たりの二酸化炭素の発生量が、灯油よりも石炭の方が多いということです。 実験で求めたのでなく、計算で求めたデーターです。

灯油も石炭も完全燃焼させたら熱量は違わないと思いますが、ただ今の燃焼の仕方では温度が違いが有りますね、何故完全燃焼出来ないのでしょうか?

0

石油燃料に比べて、石炭燃料では二酸化炭素の排出量が3割ほど増えます 石炭燃料も石油燃料も炭化水素が主成分です 炭化水素→水+二酸化炭素 の燃焼反応を燃料として使っています 異なる純粋な炭化水素を、同じ物質量燃やした場合、 炭素の比率が小さい方が、二酸化炭素の排出量も減ります 炭素の割合は 精製された石油燃料<石炭 (石油燃料は脂肪族炭化水素が主成分なのに対して、石炭は芳香環構造を持つ成分が多い) これらの要因が有って 同じエネルギー量を取り出す時に、石炭の方が二酸化炭素の排出量が多いわけです