ID非公開

2021/2/20 13:30

88回答

徳川家康の埋蔵金って本当に存在しますか? 探しても探しても見つからないようですね。 特に歴史に詳しい方、徳川家康に詳しい方、

歴史 | 日本史104閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

素人ですが、 幕末、幕府のお金は、砲台(お台場)を造るのに使われて なくなってしまったそうです。

1

どさくさに紛れて一部を持ち逃げしたような連中はいるでしょうが、何十万何百万両の単位で、しかも「埋蔵」されてるのは100%ないと思います。 理由はそもそも「埋蔵」する理由がないからです。逃亡するなら身に着けるか、あるいは信用できる有力者に預けるはず。更に言えば千両箱を大量に運搬し、地価に埋めるのを極秘で出来るはずがないからです。関係した大勢の人夫や目撃者がいるはずで、そういう人がいたらとっくに掘り出してます。 一番ありえる伝説は1868年3月12日、江戸城明け渡しの直前に、品川を出港し上海に向かった仙台藩の早丸という蒸気船です。中には幕府の300万両他 膨大な金品を載せていたが、時化に遭い久里浜沖で沈没したという事件。 これは事実で、これまで何度も探索されましたが言われるような金品は発見されていません。いかにもありそうな話ではありますが、当時江戸城に300万両もあったとは思われず、江戸城の金蔵に余りにもカネがなかったことによるねつ造話だと思います。

1人がナイス!しています

0

都市伝説で日光東照宮の家康の墓石のしたにあるのは確実でかごめかごめの歌にかくされているらしい。しかし祟りが怖くてだれも暴かないらしいです

0

探しても…について 赤城でいえば、当時、資料に基づかないところばかりを掘っていました。 個人で掘っていた人が持つ情報等に頼るためか、個人の主張する場所ばかりを掘っています。 個人が亡くなったためか、やっと別の場所を掘り始めていますが、よく調べずに掘っていますね。 幕府には金が…について 薩長は、進軍する先々の小藩や商人から金を脅し取っていました。合計約700万両といわれています。 記録は山ほどありますし、ネットでも見れます。 幕府側か薩長側にBETした商人たちもいました。岩崎が有名ですね。 幕府には、通貨の発行権がありますから、松平太郎のように銀座から100万両を持ち出し、途中奪われながらも20万両を幕府側に渡した。という話がまことしやかに残っていたりします。 新選組が、宿泊先で千両箱を積み上げていたという記録もあります。 それと、現日本国政府も借金100兆円ありますが破綻していませんし、防衛費もしっかり確保していますから、金が無いというのは無理ですね。 日本全国に外様大名がいるですから、各地の幕領(城)に軍費を置いておかないと不用心ですよね。 金が無い派は、1点しか見ずにすべてを語るのでビックリしています。