回答受付が終了しました

第二次世界大戦では日本以外でも女性兵士ってほとんど居なかったですよね? 弱いからですか?

回答(7件)

0

男女平等のランクで上位の北欧・ノルウェーでは女性も徴兵されています。下は2016年の記事ですから、今はもっと進んでいるでしょう。 性も徴兵のノルウェー軍、部屋も「男女混合」 https://www.afpbb.com/articles/-/3098855?page=3

1

なぜ女性が戦地へ行かなくてはいけないと思うのですか?戦争は殺し合いの場です。女性が死んだら誰が子供を産むのですか?男性が生んでくれるならそうしてくれても全然いいと思いますけど。森がどうのでは無くあなたが女性に対して差別意識しか持っていないというだけの事でしょう?

1人がナイス!しています

3

女を戦いの場に出させることが非人道的なことぐらいわからないの? ひょっとして今のガキ共は「男は女を守る義務がある」とか「男は女の上に立つことで責任から庇う」ことすら「男女差別だ」とか習ってるわけ?

3人がナイス!しています

5

女性兵士は切羽詰まったソ連くらいですね(>_<) 兵士にするより、兵器産業に回した方が有益だったのでしょう。 差別ではなく「適材適所」ですね(^^)/

5人がナイス!しています

3

他の回答にもあるがソ連軍では女性の兵士が主に軍用機のパイロット、戦車兵、狙撃兵として戦場で戦っていた。 活躍した例として、 女性の狙撃兵(スナイパー)でリュドミラ・パヴリチェンコが309名の敵兵を射殺(史上最高の女性スナイパー)。 女性の戦闘機パイロットでスターリングラードの白百合と渾名されたリディア・リトヴァクが非公認ではあるが敵機を12機撃墜、他にエカテリーナ・ブダノワが公認で敵機を11機撃墜している(2人ともエースパイロットになる)。 上記以下の男性の狙撃兵や戦闘機パイロットなんて沢山いるし、これを見てあなたは女性兵士が弱いと言えるのかね。 彼女らの活躍などを紹介した書籍もあるし、リュドミラと同じ狙撃兵で敵兵を54人殺傷したローザ・サーニャはレジン製のミリタリーフィギュアがある。

3人がナイス!しています