不幸には、必ず原因があると思いますか?

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2/27 15:55

その他の回答(14件)

1

例えば、清貧という言葉がありますが、 信仰深い人は、この世では貧しい場合も多く、 一般的な意味で言えば、余り幸福な暮らしをしていない可能性があります。 けれども、死んだ後では、これが逆転する訳なのです。 この世で、富を謳歌していたような人たちが、死後、あの世で不幸になり、 清貧な人たちが、死後、あの世で幸福になるといった具合です。。。 なので、この世の不幸は、気にする必要が無いのかもしれません。 この世なんて、高々100年間でしょう。 あの世は、魂は不死なので、永遠に続くかもしれないのです。 あの世で不幸になり、それが永遠に続いたなら、きつ過ぎるのですよ。 ということで、あの世で幸福になれるよう、工夫すべきなのです。 あの世で神々をだますことは不可能なので、 本当に清らかで、優れた、愛(恋愛の愛ではない)のある魂を持って、 亡くなるようにしないと、死後が大変になってしまうでしょうね。

1人がナイス!しています

1

極端な話・・ 飛び降りの巻き添えとか、もらい事故とか こちらに過失がない場合にも起こり得ます。 自分以外の別のところに不幸の「原因」があるといえばそうですが。 やりきれないですね。

1人がナイス!しています

2

不幸は人それぞれの不幸はあるけど。 幸せは波風たたない人生だから不幸の原因は、本人の考え方だと思う。 何が不幸かは、本人にとって何が大事だから、原因は本人の考えかたが原因

2人がナイス!しています

1

失敗は必然、成功は偶然 「不幸と取る」か「幸せと取る」かはそのときの感情 「未来を幸せ」と思い結婚するけど1/3は離婚する。子供がいれば貧困家庭まっしぐら。 「確定した未来として(朝から晩まで働いて貧困な)ワーキングプアになるけど、この人の遺伝子を日本の未来のために残すのは私の天命である」 なんて考えて子供産む人はいない。

1人がナイス!しています