ヒクソン・グレイシーは本当に強かったのでしょうか? VTジャパンオープンを連覇して、高田や船木を倒した 実績はありますが。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

私は正直疑問視してます。ホイスは黎明期とは言えアルティメット大会で自分より大柄な格闘家に勝利し続けるなど文句なしの実績があります。 対してヒクソンはと言うと、プロレスファンの自分が言うのも悲しいですが総合格闘では弱者だった高田や船木に勝ったのが目立つだけで、後はローカルな大会での勝利のみ。ホイスとは桁違いのしょぼさです。 実際はホイスの発言通りヒクソンは凄く強かった可能性はあります。しかし私の知るヒクソンは強い相手のいる大会には出なかった。ケアーとの戦いを望んだファンは多かったのにしなかった。逃げたと言われても仕方がなかった。 故に私はヒクソンの実力はトップクラスの下位程度だったと考えています。

0

若い頃、ルタ・リーブリ派の選手とケンカしていた 頃はめちゃくちゃ強かったらしい。 日本を主戦場とするようになってからは100%勝てる 相手としか戦わなかったからな。 ヒクソンが日本で一番、苦戦した試合は本人は木村浩一郎戦 と言っていた。 見た目には完勝に見えたが、本人は試合前めちゃくちゃ ナーバスになったと言っていた。

1

ヒクソンの全盛期 強い柔術家でした。 だけど最強じゃない。 勝てる相手としか戦わないから負けていないだけじゃ誰も納得しない。

1人がナイス!しています

0

MMAの技術がまだ確立されてない時代だったし競技者も今とは比較にならないぐらい少なかった時代に高田や船木を選択したのは、上手かったと思います。 桜庭からは逃げている時点で大して強くはないでしょう 逃げてると思われたくないのかPRIDEには高額なギャラを要求して 闘わずに最強のイメージを作りました まぁそれから本とかで稼いだので ビジネスとしては上手かったと 思います。

0

格闘人生を見れば、最初名が響くまではガムシャラで安定期のチョイスは上手かったですね、ホイスが出た2000年GPでケアーやコールマン ボブチャンチンらとしのぎを削って試合すれば馬脚が現れたかもしれません。