ID非公開

2021/2/22 20:49

77回答

確定申告の医療費控除で、医療費通知明細が前年の11月分までしかありません。12月分は、3月中旬にしか届きません。そうなると、確定申告期間に間に合わなくなるため、11月分までで提出するしかないでしょうか?

税金2,117閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろとありがとうございました、 確定申告とごちゃごちゃになっていました。

お礼日時:2/26 10:32

その他の回答(6件)

0

領収書は5年間とっておかないとダメなんよ、ホントは。 うちの区は、3月のそんなの来ない。 今月頭に一年ぶんがまとめてお知らせで届くだけ。 なので、私は去年の12月ぶんだけ領収書添えて出す。 で、1月~11月のぶんは区から来た「医療費のお知らせ」を添えます。 医療費通知ってやつですか。でも封筒には「お知らせ」って書いてあるから(笑) そこの記載は確かに、おととしの12月から去年の11月ぶんになってるので、不親切な区への怒りは抑え、親切な私は、おととしの12月のとこは線で消して、医療費控除の計算もそこは加えず、去年の12月ぶんを足して、やっておきます。 医療費のお知らせに合計金額が書かれてますが、これは無意味です。 ここからおととしの12月ぶんはさっ引いて、計算し直し。 税務署の人も忙しいし、すでにシステムが分かってない他の課の職員にヘルプしてもらってるくらいなので、「医療費のお知らせ」を手でつかみ、12月ぶんだけは領収書を握りしめてる私の親切さをひとこと言えば、スムーズに受け取ってくれます。

1

医療費控除などの還付金申告の申告期間は凡そ5年間あります。従って、急ぐ場合は12月分だけ領収書を使って作成することが出来ます。しかし、12月分の領収書がないのなら、3月中旬に受領してから申告すればいいのです。 東京都・神奈川県の高齢者分の医療費通知がそうなっています。 なお、が存知かと思いますが、12月分のみ領収書を使って「医療費控除の明細書」(以下明細書と略します)に記載するときは、明細書の「2」の欄に記載しますが、この分の領収書は5年間自宅保管が義務になっていますので注意が必要です。医療費通知で記載した分の領収書は不要になります。

1人がナイス!しています

0

今年も期限延長されますが、通常の3/16を過ぎても税務署は問題なく受け付けて貰えます。