福島県沖で捕れたクロソイという魚から基準値を超える放射性物質が検出されたらしいですが、

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

少量のサンプル検査で、全て安全とは言えません。 福島県の中通りの汚染が、河川により流れ込んで堆積していると思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 知恵袋には 放射性物質と放射線とを混同して答える知ったかぶりさんが 多いにはびっくりしました。

お礼日時:2/28 12:39

その他の回答(8件)

0

回答、 それに加えて、汚染水を海洋放出しようとしてますね[ニュースより) トリチウム海洋放出? タンク増設すれば良いだけでしょう!? 周辺は空き地だらけでしょう!? どうして官庁のかしこい人たちはそういった発想ができないのでしょうか? 第一、金華山沖を汚染してしまっては駄目でしょう!? そんなの常識ですよねー? 第2の方法は、秘密裏に廃用タンカーに積み込んで、 夜のうちにビキニ環礁に運んでタンカーごと沈させてしまう!? 以上はすべて知人が言ってました。 冗談はともかく、 有害だから貯めていた。しかし一杯になったので放出。 これってサイテーですよねー!? まあ、次善策は、 干拓の手法ですね、 八郎潟の干拓が有名ですが、 平地や台地の少し広い範囲を堤防で囲んで、そこに溜めて そして蒸発させてしまうんです。 時期としては、北西からの風が吹く秋毎に少しづつ蒸発させる、 いかがでしょうか?

3

事故から10年も経っているのに、何言ってるの。 「別に急性的な症状は出ないとは思いますが、何世代も後での症状が放射能では出るので恐ろしいです」 こんなことを言う回答者もいるが、yakさんが、 「ヤバイとか怖いとか不安とか心配とかは、その人の感情論であり、科学的事実を知らない、分からない、理解できないことによるものです。即ち、無知から来る感情です」 と言っている通り。広島、長崎の急性被曝(被爆)でさえ、遺伝的影響など無かったことは科学的に明らかになっている。 無知って、不要な心配をするのだから、ストレスを溜めて大変だね。そのストレスの方が、被曝より遥かに健康に悪いのも知らないのだから、これも大変。

3人がナイス!しています

0

別に急性的な症状は出ないとは思いますが、何世代も後での症状が放射能では出るので恐ろしいです

3

既に蒼さん(ライリーさん)が完璧な回答をしていますので、違う視点で回答します。 なお、何十回も説明していますが、人は毎日、被曝とは無関係に、ストレス、大気汚染、紫外線、運動、飲食などで、数万~数十万個のDNAを損傷させていますが、修復機能、免疫機能などで、健康に暮らせています。100mSvの急性被曝でさえ損傷するDNAは僅か100~200個なのですから、食品基準の元にしている1mSv/年など、科学的にはまったく意味がないことは自明のことなのです。 ヤバイとか怖いとか不安とか心配とかは、その人の感情論であり、科学的事実を知らない、分からない、理解できないことによるものです。即ち、無知から来る感情です。 東日本大震災当時の政権が危機管理のまったくできなかった素人政権だったことが日本の不幸であり、その後遺症が10年経ってもまだ続いています。 その一つが、科学的根拠などまったくないのに、大衆迎合で食品基準を下げたことです。蒼さんの回答にあるように、日本の食品基準は欧米より厳しくしていたにも関わらず、更に下げて、却って国民の不安を助長し、風評被害を招いたのです。そして、海外にも伝わり、未だに食品輸入制限の口実(科学的には安全であっても、自国民に不安を抱かせる食品の輸入制限は不当とは言えない)になっているのです。 いくらマスコミが騒ごうが、それに大衆が踊らされていようが、政府は科学的事実に基づいた政策を毅然として行うべきであり、これを怠ると、大きな被害を招くのです。 これは、食品の輸入制限だけではなく、科学的根拠に依らずに拙速な強制避難をさせ、しかも1mSv/年を目標とした除染で、避難生活を長期化させたことで、1300人以上の関連死を招いてしまったのです。 チェルノブイリ事故で、被曝のリスクより避難生活のリスクの方が遥かに大きいという教訓が得られていたにも関わらず、素人政権が故に、ただ大衆迎合政策に走り、正しい科学的対応ができなかったということです。 それに加担した反原発マスコミ(朝日、東京、毎日)の罪も重いのです。朝日新聞は慰安婦問題の誤報の反省もせずに、今も、福島県民を傷付ける実質的な嘘報道(印象操作)を続けています。 <福島 総括 池田信夫> https://agora-web.jp/archives/2050318.html <朝日新聞 偽造 池田信夫> http://www.gepr.org/ja/contents/20210221-01/ 何度も言っているように、コロナ騒動前には、福島県を訪れた国内外の観光客、ビジネスマンは年間で5000万人を超えており、185万人の福島県人と共に、福島県産の食品を普通に食べていたのです。 当方も何度も福島に行き、海の幸を含め、福島県産の食べ物、お酒をおいしく頂いていました。 事故後10年が経っても、風評被害に繋がるデマを言う「放射腦」がいることが、日本人として恥ずかしい思いをしています。 なお、反原発マスコミ、団体、「放射腦」の酷さは、事故直後から以下で詳しく記録され続けています。 <福島信夫山ネコの憂うつ> http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/

3人がナイス!しています

4

今回のニュースの詳細がわからないので推測になりますが 海水浅層のプランクトンを主な餌にするイワシなどの回遊魚とは性質が違って クロソイはメバル属で岩礁などに底生する習慣をもっていることから 海底のベントスから放射性セシウムを摂取していた可能性がありますね。 ただ食べない内臓部分を取り除いたら、可食部にどれだけ残ってるのか? ってのも知りたいところ。主に内臓部からのカウントな気がするので。

4人がナイス!しています