ID非公開

2021/2/23 13:08

22回答

アパートの賃貸借契約についての質問です。詳しい方よろしくお願い致します。

補足

早速のご回答ありがとうございます。最初の賃貸借契約書には保証人を父に頼みましたが、事情があり次回以降保証人になってもらえません。また身近に保証人になってもらえる人もおらず、再度賃貸借契約書を交わす状況なら保証人のいらない物件を探す必要があります。契約した不動産屋は勤務先の関連企業で事情を話したり、聞きにくい雰囲気があります。以前住んでいた物件は、いわゆる自動更新で更新月に自動的に家賃プラス更新料が引き落とされ、書類のやり取りはありませんでした。個々のケースは契約の不動産屋なりに尋ねるのが確実ですが、一般的にこのような文面からは自動更新が予想されるかお尋ね致しました。引き続きよろしくお願い致します。

賃貸物件27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

どんな事情か知りませんが、連帯保証人がその責任を負うのに相応しくなくなった場合は、速やかに代わりを探して貸主の承認を受けなければなりません。 あなたの話で行くと、3年目以降はお父様は連帯保証人をしないという話ですから、2年定借で更新せず退去する契約しか連帯保証人になれません。 ハナから連帯保証人が2年後にその責任から逃れるつもりでいるのを知っての契約申込は悪質な虚偽申請を疑われる可能性もあります。 多少の費用はかかりますが、保証会社への委託をお勧めします。 これなら、契約書が更新になっても保証契約の更新で同一期間ずつ連帯保証人も更新されます。 (*保証会社とは、連帯保証人を法人が有料で請け負ってくれる業者です。)

その他の回答(1件)

0

その文章だけでは判断できません。 自動更新と言うか、契約解除の意思表示をしなければ更新の合意とみなされ、更新料を請求されると思います。当然、書類にサインや押印を求められる。 また、自動更新と言うと更新料を取る習慣がない地域で、解約の意思表示が無いので当然に更新されるって事だと思います。 細かい事は不動産屋なり大家さんへ確認を。 また、あなたは何が知りたいのでしょうか? 更新契約書に保証人のサインは必要か?とか?