高校受験の過去問の問題です解説お願いします

画像
補足

次の問題も分からなかったので書かせていただきます cさんは1年間の全ての日について手順通りに数を作ったところ、自分の誕生日から作った数と同じになる日が他にはないことがわかった。cさんの誕生日のように、手順通りに作った数が、他の日から作った数と同じにならない日は、1年間に全部で何日あるか求めなさい答えは20日です

数学 | 高校受験10閲覧

ベストアンサー

0

[補足]の問題について 3月9日は 5×3+2×9=33ですが、これと同じ数になるのは、上の考察からわかるように、「月を2増やし、日を5減らす」で同じ33になります。同様に「月を2減らし、日を5増やす」でもよくて、1月14日と5月4日がともに33になることがわかります。 問題の意味は、ある月日から作った数字が、他の月日からは作れないものを見つけろということ。 言い換えれば、 「月を2増やし、日を5減らす」 「月を2減らし、日を5増やす」 のどっちをやっても、正しい月日にならないものを見つけること。 例えば、4月の1~5日は日をマイナス5とするとだめだけれど、月をマイナス2、日をプラス5にすることで、2月の正しい日付にできる。 同様に4月の26~30日もプラス5はだめでも、6月21~25日にすればよい。 つまり、3~10月の日は必ず同じ数字のものがある。 (つづく)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく解説していただきありがとうございます

お礼日時:2/26 23:00