ID非公開

2021/2/23 23:12

33回答

留学によるダブりと就活

就職活動 | 留学、ホームステイ31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/2/24 1:08

回答ありがとうございます。 海外経験の全くない私にとって、高校時代の1年留学のお陰で、TOEFLの点数が20点以上あがり、SATの試験勉強も有利に進められました。その結果、留学前では考えられないようなドリームスクールに合格できたので後悔はしてないです。もちろん、私と全く同じ学歴や能力で1歳若い人がいて競争することになれば、そちらが採用されるはずですが、理由の説明をしっかり用意しつつ、自分独自の強みを磨いて頑張ろうと思います。

その他の回答(2件)

0

今は優秀な人材は中途採用も多いので、専門能力が高ければ問題ありません。

ID非公開

質問者

2021/2/24 10:23

回答ありがとうございます。 文系なので理系のような専門能力というのはありません。強いて言うなら英語ということになりますが、専門能力とは言えないと思います。ちなみに、9月入学までのギャップターム中に簿記2級を取ったので、卒業までに1級の勉強はできそうなのでやろうかと思っていますが、これは専門能力ということになりますでしょうか?

0

いまアメリカの1年目なんですよね。 4年じゃなくて少しでも早く卒業できるように、夏休みも単位取得に励み早く大学を卒業できるようにしたら良いのでは?アメリカの大学だとそれが可能なところが多いかと思うのですが。 子供の友達とかその兄弟とか知り合いのお子さんとか、4年かけずに大学を卒業している子、意外といますよ。 高校で4年かかった分を取り戻したくて、必死に頑張りました。≫≫≫就活の際の良いアピールになるかと思うのですが。 的外れな回答だったらすみません。

ID非公開

質問者

2021/2/24 10:20

回答ありがとうございます。 親身になって早期卒業を提案していただきありがとうございます。しかし、私が所属するプログラムは在籍中の大学とその提携校の2箇所でダブルメジャーをするプログラムなので卒業時期や取得単位の融通が効かず、少し難しいです。