ID非公開

2021/2/24 3:07

66回答

なんでお坊さんてカネカネカネカネって、金の搾取に躍起なの?

宗教34閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

まあそう言いたい人はそのお寺から離れたらいいと思いますけどね。 まずですね、例えば映画館に行く時には必ず券を買いますよね。 券を買わずに入ろうとしたら「お金を払って券を買ってください」と言われます。 ディズニーランドやUSJでもお金を払わずには中には入れてもらえません。 あるいは学習塾に子供を通わせるときに、 月謝を払わな開ければ出禁になっちゃいますよね。 プロの歌手呼んで盆踊りの櫓の上で歌ってもらう時にも出演料が必要です。 お寺だって維持費がかかるんですよ。 まずは祭壇を作るにはとても高額な費用がかかりますし、 建物だってそれなりに立派なものを作らなければなりません。 トタン屋根のお寺って見たことないでしょ? ランニングコストだって結構かかるんです。 信者さんがお寺に集まってお経上げてもらう時に、 トイレを使えば水道代や紙代がかかるし、 定期的に掃除するためには洗剤も必要です。 照明や空調には電気代やガス代や灯油代がかかります。 それでも宗教なので、 信者さんは喜んでお金を払います。 喜捨と言いますよね。 でも、親の世代までは信者だったんだけど自分は違うというのなら、 もう行かないというのは貴方の自由なんですよ。 信教の自由は憲法が保障しているんです。 ただし、お墓があるなんて場合にフェードアウトはダメです。 駐車場借りてそこに車置きっぱなしにしてフェードアウトってのはダメですよね。 きちんと墓じまいしなければなりません。 でもまあ、数百万だ数千万だなんて言ってくるようなら裁判でもすればいいと思います。 自分の家で自分でお経上げるなら無料だと思うならそうすればいいですけど、 お葬式で弔問客が来れば寒空に外に立たせておくわけにはいかないし、 トイレ使われたらどんどんお金が消えて行くんです。 お寺は電気代水道代が無料なんてことは無いんです。

ID非公開

質問者

2021/2/24 11:36

言われなくても その寺離れる方針だよ(笑)

2

結局、日本のムラ社会に葬式を立派にやりたがる風習があったからだ。 寺の坊さんがカネよこせと言ったってそれだけで可能になる事じゃない。 葬式を豪華にして散財するのは、故人のためより世間への見栄だ。 葬式が貧弱では、あのうちはなんだ、と後ろ指を指される。それを恐れるムラ社会が日本にはあった。 葬式に散財することにムラの衆はたかる習慣もあたりまえだった。いまのように葬儀ビジネスが出来る前の時代ーーほんの数十年前まであったーーには、葬式はムラをあげてのお祭りの様相を呈した。香典があがったんだから散財するのは当然だとばかりに、かけつけてタダ酒とタダ料理をせしめ、おみやげに霊前に上がった菓子をもちかえる・・・ 地方でもマンションが増えて、そんなムラ社会が消えてゆきつつある。葬儀も会館を利用し家族葬もおかしなことではなくなった。残っているのは戒名料法事料の風習だ。そこは日本の遺骨信仰に根差しているから、人質ならぬ ‘骨質’ をとられて寺の言うなりになるのを、あたりまえと思わなくなる時代がこないと。遺骨信仰が不合理だと思わなければ不合理で理不尽な坊主丸儲けの風習もなくならない。日本人一般のこころの問題。

2人がナイス!しています

1

お寺は貧乏が多いです。 生計が営めないのが殆どです。 大半が教師、たまに郵便局に働いています。 かってインドで仏教が滅んだのは経済的な外護者がいなくなったからです。 檀家が一軒もない寺の住職は自分が檀家総代であり、うるさい檀家がいなくて気楽で良いとしていましたが。

1人がナイス!しています

1

お寺のご子息で、家を継いで、お寺を経営するために僧をされている人は、 お寺を家業として、いわば個人事業主ですから、家族も考えると、 いろいろあるんだろう、大変なんだろうなと思います。 そうてない、本来的な僧の方というか、 独身で、修行に励むために僧侶をしている方も大勢おられるのでしょうが。 イオン等で安価に対応頂けるお寺があるようで、 お墓の維持の問題等がない方は、そっちになるのかなと。

1人がナイス!しています

5

戒(≒一般信者に守って欲しいルール)すら守らず学も修めなくても他人からの批判や罰則が少なく、金儲けが法律で規制されてるわけでもないから。まあ、教義上は金儲け駄目ですが、許されてるから調子に乗ってしまう。 外圧(国による法律や罰則、宗教の戒律や地獄などの脅し、周りの人の目による監視や管理)により自己保身を脅かされない人間は、悪(例:他を見下す)・怠惰(必要に迫られないと頑張らない)・無慈悲 ・無恥(例:職業倫理がない)という本性が出やすい。 解決策としては、みんながお行儀良くない商売にお金払わないようにすればいいだけ。

5人がナイス!しています

生臭坊主・葬式仏教・坊主丸儲けという揶揄や坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという他職にはないほどの嫌悪の表現さえある寺(例えば、宮司や神社にはそれほど侮蔑の慣用句はない)にいまだに無警戒に親近する人はおかしいのは確か。