ID非公開

2021/2/24 11:54

77回答

この前習ったイントラの人が、日本人は止まるところから習うから 競技スキーが弱いと言っていました。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/2/24 12:54

まぁ、諸説ありと言ったところでしょうかね。ジャンプやスノボはそこそこって気がしますけどね。。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。一応レースやってたと言うイントラの話でした!諸説ありですね。 他の方も回答ありがとうございました。

お礼日時:2/24 14:53

その他の回答(6件)

0

競技スキーは 旗門を全部暗記するところから習い 他の人と同じところを滑ってその時間の短さを競う事の繰り返しで オリンピック選手にまでなるのです。 競技スキーのコースは直線ではないだけです狭さは陸上競技の100m走と同じ。日本人に限らず止まる事から競技スキーを習う事はありません。 スキー場自体が狭く木が多い日本ではスキースクールが発展するのです。 よって日本人を止まるところから教えなければならないのはスキースクールで競技スキーヤーではない人が対象。 その国の競技スキーの強弱は全くの別問題です。 競技スキーヤー以外の外国人と日本人の滑り方やスピードに対する感覚の違いなら質問者の言われる事は大きな要因になってるのは確かだと私は思います。

ID非公開

質問者

2021/2/24 14:29

と言ったって、レースやってたイントラがそう言ったんだから説得力はあるじゃないですか。

0

こんにちは! わたしもそんな感じで言われたことがあって そーなのかーーなんて思いましたが 今は違います。 スキーを習うということで スキーを止められなくては、進歩もないという事は 我が子にスキーを教えてみて改めてきずかされました。 コントロールできなけれは何処にも行けないんです。 小さい子供をスキーに乗せて紐をつけて滑らせて 曲がり方を教えます。なのであるていど曲がれるようになります。 しかし、紐をはずすタイミングは、ブレーキを掛けられるようになってでないと外せませんよね! 色々考えてみると、最初のプルークでの停止は本当に沢山の要素が入っていて・・・SAJ以外の教程を見た事ないですがこの辺りの考えが大きくは変わらないと思います。インタースキーなどでSIAが指導系統の発表をしてますが、その部分でメゾット的に日本独自みたいな流れはないのではと思います。 と言うことは殆どのスキーヤーはある程度同じようなブレーキを最初に習うと思います。 ただその後の環境にはとても影響があると思います。 人がいなくてだだっ広い斜面が山ほどあって そんなだから地形もそのまま、スピード出せるだけ出せるような 環境があって、基本氷みたいな斜面があれば強くなると思います。 基礎の連中でも、夏に海外で滑っている選手は スピードなれするからとよく耳にします。日本じゃありえない速度を向こうでは知らぬ間にだしているようです。

ID非公開

質問者

2021/2/24 14:12

確かにそうですねー 単純に環境って感じですね。 ブレーキを必要としないすっごいスピードを出せる環境があれば、って感じですね!

1

広くて空いてる緩斜面があれば最初にパラレルから教えられるんですが、そんな状況は限られているので標準メソッドでプルークファーレンから教えなければいけない。 競技云々だけではなく、カッコ悪いハの字でしばらく滑らなければいけない。物心つく前にパラレルになってればいいけど、中高生から始めるには大きな壁という点で「どうにかならないか」とは思ってます。 生まれつきビビリの人に最初にプルークを教えると、一生それに頼ってしまうケースもあります。 競技スキーを育てるなら野沢のカンダハーのような専用コースをあちこちに作って、利益抜きで維持しないと無理でしょう。潰れたスキー場を国や県で買い取るとか。 そのかわりといってはなんですが、日本は雪質という点でレジャースキーやパウダー狙いには最高だし、モーグルやフリースタイルではいいところまで行ってるので、得意分野を伸ばせばいいのではないでしょうか? 世界がうらやむ日本のスキー場。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/24 13:24

ふーん、ヨーロッパとかにはそういう専用コースがあるということですか?

0

ブレーキは関係ないですね ブレーキは教えますよ、どこでも。 雪質とゲレンデの特性が1番です。 カリカリのロングコースで、レーシングの練習ができる環境がほとんどありません。 短いコースだったり、降雪多くてフカフカだったり、人が多すぎて高速滑走は迷惑だったり、環境面の差が1番です

ID非公開

質問者

2021/2/24 13:05

うーん、まぁブレーキは教わりますが。。 多分、ブレーキを頻繁にかける必要があるかどうかって所でしょうかね。 その人はニュージーランドでレースやってたらしいですが、そっちの方のゲレンデだとブレーキかけると危ないって怒られるらしいです。 仰るように環境ってことなんでしょうね。 でも、ヨーロッパの国って別に日本よりも広いわけじゃないのに、ゲレンデだけは広いっていう。。日本は森林がありすぎるんですね。不思議な感じです。

0

こんにちは。 スキーは分かりませんが… スノーボードだと確かに、北海道や海外で滑ってる人の方が、高速には強いと思います。 また、レーサーは氷河でトレーニングするし、フリースタイラーはパークやパイプの設備が整ってるところでトレーニングしてます。 なので、ブレーキ云々より、育ったフィールドが低速か高速か、で決まるような気がします。 スノーボードではそんな感じなので、スキーも恐らくそうなのかなと思いました。 あとはまあ…体格?? フィジカルはやっぱり、海外の方が強い印象です。 スノーボードでも、フィジカルが重要なレース競技はそんなに結果を出せてません。 一方、フィジカルはさほど重要ではないトリック系に関しては、スロープスタイルもパイプも、世界トップレベルの強豪国になってると思います。 ご参考までに。

ID非公開

質問者

2021/2/24 12:57

日本人は体格は劣るけど技術は強いと言った所でしょうかね。 スピードスケートなんかは日本人も強い気がしますが、スノボやスキーは全体の骨格が重要ってことですかね。。