ID非公開

2021/2/24 14:53

44回答

みんなの詰将棋というアプリで勉強してます。1-3手詰めまでは何とかできたのですが5手詰め以上になると全く詰めが見えません。

将棋、囲碁37閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/3/1 15:51

こつこつ基本からという事ですかね…。

その他の回答(3件)

0

問題1の場合、31の角が13角成になれば51の飛車で空き王手が出来るのが見えると思います。 しかし、玉が32から上部へ逃げて行きます。持ち駒の角を打ってもダメ。 ということは、逃げ道封鎖を考えます。31の角を42角成としても12から逃げられます。 ということは持ち駒を使って封鎖を試みたいです。 エキストラみたいにボーッと立ってる44の金が実は真犯人ということです。 43角打で角のタダ捨てで金を表舞台に引っ張り出して、13角成の空き王手。あとは最初に考えた32に玉が逃げて31飛車成で詰み。 この龍、玉、細道みたいな形は龍、飛車の手筋でよく出てきます。三手詰めをたくさん解いて詰み形を覚え1分以内に解けるようになると、五手詰めの見え方が変わってくると思います。 あと、43角打の後、12玉ならって頭がパニックになりますよね。一つ一つ、角成だけでなく、飛車成で王手できる手が見えるようになるのも、慣れじゃないでしょうか。 サッカー選手の視野が広いみたいな。飛車を動かすって言う視野が見えてなかったのが、落ち着くと見えるみたいな。 なので、三手詰めを解くのと、終盤の手筋みたいな本もいいですよ。 級位者に「ひとめの〜シリーズ」は読みやすいです。「ひとめの手筋」や「ひとめの寄せ」など。

0

コツはないが、持ち駒が余らないように作ってあるのと、無駄な駒を盤上に置かずに意味がある駒しか置いてないように作ってあるので、それがヒントになる。 例えば五手詰めで持ち駒が三つあれば全ての手で持ち駒を打って詰ますというヒントになるので持ち駒を打たない手の分まで考える必要がない。 三手詰めだと最初の一手はただで駒を捨てる問題が多いので初手は駒を捨てる手から考えると早い。 あとは知能で努力でどうしようもない部分が大きい。

0

実物の盤と駒を使うことです。 有段者でないなら、考えるというより慣れることを優先して、木製(プラスチックでも可)のパズルという感覚で、駒を動かしてやってみることです。

ID非公開

質問者

2021/2/24 15:01

実物でやるとなぜ良いですか?