ID非公開

2021/2/24 19:48

22回答

中学の地学 台風

台風 | 地学13閲覧

ベストアンサー

0
画像

ID非公開

質問者

2021/2/24 20:11

丁寧にありがとうございます! 観測地点の風向は、東側を台風が通るとき最初は東向きで台風が横に来ると北向きの風なり、行き過ぎると西向きと反時計回りになります。 ↑ここまで理解できました。 西側を台風が通るとき最初は東向きで台風が横に来ると南向きの風なり、行き過ぎると西向きと時計回りになります。 こちらの方が理解できません。 なぜ東向き→南向き→西向きになると、時計回りになるかもう少し教えてもらってもいいでしょうか。最初が東向きの時点で反時計回りではないんですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:2/24 22:11

その他の回答(1件)

0

それは記憶違いだと思います。 観測点の場所で台風自体の風向きが左回りだったり右回りだったりはしません。 台風(北半球)の渦巻きはすべて反時計回りです。 想像ですが・・・ 台風は反時計回りに風向きが回転してるので、 観測点が台風から見て西側であれば台風の進行スピードと 回転の向きが合致するため風速は強くなる可能性が高い、 逆に観測点が東側にある場合、進行方向と台風の渦の向きが逆になるため 風速は弱まる傾向にある。 こんな解説だと思うのですが。

ID非公開

質問者

2021/2/24 20:31

学研のテキストの解説です。

画像