旧東海道本線の吹田〜淀川鉄橋手前までは、なぜ路線を変更したのでしょう?

鉄道ファン | 鉄道、列車、駅34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確かに用地確保や地盤の問題はありそうですね。 また北方貨物線や神崎川改修も関係していそうですね。 回答者の皆様、ありがとうございました。

お礼日時:3/3 16:52

その他の回答(3件)

0

あれは1時的な仮線だったはず。大阪京都着工が明治6年、その前から神崎川の大幅の経路変更が決まっていてて、特に明治7年の大水害で本格的な神崎川の河川改修がお雇い外国人の設計により上流から工事決定していたから一番の大工事になる現線区じゃなく十三川(現淀川)より右に急曲線で曲がった改修までの仮線あつかいで作ったはず。 今の地図で神崎川見てほしいんだけど、今の東海道線の直前できゅっと曲がってるでしょ、改修してもあの形なんだからあの付近改修もしなければ今の新大阪駅付近一歩間違えたらで水びたしになるのわかるでしょ。逆に言えば完全にあの付近川底を掘って改修できたからあんな急曲線でも新大阪駅洪水に見舞われない。たしかあの付近の複々線化着工は大正10年前後だったはず。もうそのころ阪急完成済みじゃない、第一、あの付近官鉄は駅作ってない。今でも淡路の駅の近く浄水場あるでしょ。浄水場なんて大きなスペースがいる東京の金町と一緒、都会の田舎。そんなところ、市街地ができて複々線化のスペースがないのはありえないでしょ。

0

今の阪急千里線と京都線に乗ったことないね?特に千里線はカーブだらけよ。 京都線は路線の改修をしてカーブが緩くなっています。 先の方が書かれている「複々線化」という事情もあったでしょうけど、もう一つ、「北方貨物線」の建設という事情もあったようです。 Wikipediaには「~北方貨物線建設に伴って」などと言う記述が」あったと思います。

何か勘違いしている回答がある。 阪急京都線と千里線にあたる路線は、北大阪電鉄が作ってそれを買収した新京阪電鉄が延長した。 北大阪電鉄は、旧東海道線の路線跡の払い下げを受けて開業しています。大正10年頃には影も形もありません。 北大阪電鉄の開業は大正14年。早々に新京阪電鉄に買収されています。 北大阪電鉄は資本がなく、車両の保守などを阪急に頼んでいただけ。大阪市中心部へのルート確保為に十三へ乗り入れた。