回答(1件)

0

チェロのピチカート、続いてヴァイオリンなどを含めた弦楽合奏のピチカートのように聴こえます。通常ヴァイオリンやチェロは弓で弦をこすって弾きますが、弦を指ではじくピチカートという奏法もごく一般的に使われます。 またそれより後は、シロフォン(木琴)?やハープ、ピアノも入ってきます。 ピチカートを多用した曲の例: ルロイ・アンダーソン:Plink, Plank, Plunk https://youtu.be/wMKeNNF2nuM?t=36