ID非公開

2021/2/25 2:59

33回答

テレビを買い替えようと思うのですがSONYの BRAVIAが気になっています。型落ちの中古を色々見ていると2015年頃の比較的まだ新しいモデルよりも2010年あたりの方が機能が充実している気がするのですが実際のところは

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

テレビの部品保有期間は8年で、国の調査によると平均使用年数は9年、買替え理由のトップは故障・不具合ですから、10年前の製品は何があってもおかしくなく、何かあっても修理もできません。買ってはいけません。 それにゲーム描画に最初から力を入れていたのは東芝です。次世代DVD戦争で敗れた東芝はブルーレイ機器がないためテレビとレコーダーのセット販売で苦戦し、ハイビジョン以外の要素であるゲーム描画、録画機能、非ハイビジョンソースの高画質化に力を入れたからです。 プレイステーションを作っているくせにソニーはゲーム描画に積極的ではなく、力をいれはじめたのはここ数年です。ゲームショウで使用されるテレビのほとんどが東芝などという時代もありました。 なのでゲーム利用なら東芝、その東芝の映像部門の親会社であるハイセンスの上位機種、あるいは最近のソニーがお薦めです。