自動車というよりその燃料になるガソリンについての質問。 なんでキログラムじゃなくリッターなんですかね?

補足

じゃあ質問変えます、なんでF1はキログラムなんですかね?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(13件)

1

F1も以前はリッター勘定だった。1980年代ホンダが強かった時代燃料タンクを150リッターまでに規制した。また1994〜2009年までピットインでの燃料給油が許されていたがこの時の給油装置は1秒あたり12リッターという規制だった。実にアバウトだった。 しかし2014年からエンジンからパワーユニットに大幅に変わった時にキログラム単位になった。この年からとにかくガソリンを使わない方向にチェンジして燃料の流量規制をかけてちょっとでもオーバーすると失格の処分を下すことにした。そこで温度で両が変わるリッター単位では公平なジャッジができないので細かい数値を取り締まれるキログラム単位を導入した。

1人がナイス!しています

1

補足も含めると熱量は質量で、一般的な管理は質量では困難なので体積リットル。つまり温度が変わると熱量が変わりますが昔のル・マン等では体積で規定されてました。

1人がナイス!しています

2

重量を使うのは公平を期する為だろうな、燃料の温度が変わると密度が変わって1cc当たりのエネルギー量が変わる。

2人がナイス!しています

一般に流通させるには体積の方が測りやすい。 シビアに考えるなら朝イチで給油するといい。 灯油の大型ホームタンク等はキッチリ満タンにすると温度変化で溢れることが有るので満タンには給油しない。

1

容量だと既定の入れ物以外では正確に定量にしにくい。 重量なら風袋の重量を引くだけで定量にできるから。 それと容積にしたら液体の温度の違いがあったら定量にならないでしょ。 温度が低い方は密度が上がってトクしちゃう。 重量で揃えればそんなことはない。 なんじゃないのなかな。 スタンドで販売するのに容器に入れて決まった量だけ売るのなら重量で販売できるけどマチマチの入れ物に入れてマチマチの量を売るのに重量で量り売りするのは容易じゃない。

1人がナイス!しています