エレキギターで曲を弾くとき、耳コピの方がいいとよくいわれますが、注意深く聞いて色んな音鳴らしても確定させることができなかったのですが、、、

ベストアンサー

0

その他の回答(13件)

0

音感がそう鍛えられてない内から耳コピなんて出来ないですよ、楽譜見て読んでちゃんと音に出来れば良いと思います。次第に耳が音を自然と取り始められてきたら耳コピへチャレンジで。最初から耳だけでの耳コピは難易度高いですから。それがこなれて耳コピ可能になると、楽譜読むよりチャッチャと音源から直に音を取れるようになれば楽譜はただの確認用になります、譜面の方が間違ってる事も多々ありますけど。

0

譜面を見ても良いですが、その譜面をどう弾いてるかという点で、最終的に耳コピの要素がないとコピーはできない、ということだと思います。 なので、音程がわからなければ譜面を見て音程を確認するのは問題ないと思いますが その音譜をどのくらいの強さで、どんな風にビブラートをかけるか……ナドといった部分は譜面だけではわからず、そういった表現のコピーが後のオリジナルの表現につながる技術となります 楽譜を見ること自体は悪くない、というかぷろのミュージシャンなんて楽譜みながらライブするわけなのですが、とくに初心者だと楽譜だけで弾いて「楽譜どおりひければそれでok」と思い込む人が多いため、あえてまずは楽譜を見ないでの耳コピをおすすめして、楽譜にない表現を体感して欲しいという人が多いのだと思います。 個人的にも、とりあえず耳コピに数分チャレンジしてみてわからなければ答え合わせ、みたいな感覚が一番良いかなと思っています。 楽譜ありきで聴くのではなく、演奏の細かい表現とかがインプットされた状態で楽譜を見ることになるので。