うつ病の方の心理を教えて下さい。

うつ病 | 病気、症状84閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

oioさん、休養中の中、お返事頂きありがとうございました。ご自身が大変な状況にあるにも関わらずお返事頂き、病気のことがまだまだ無知な私には、彼のリアルな気持ちのように感じましたので、ベストアンサーに選ばせて頂きました。 この病気とは長い付き合いになりそうです。焦らずゆっくり・・・向き合っていこうと思います。 oioさんもご自愛なさって下さい。 本当にありがとうございました。

お礼日時:2/28 20:58

その他の回答(4件)

0

読ませていただきましたが、支えてあげたいというお気持ちが伝わってきました。 うつの時、本当に食べられなければ食べ切ることができないので、「腹減った」というのは本当だと思います。 それに、あなたがそばにいることで安心感を得ているんだと思います。 安心すれば自然と食欲も湧きますからね。 ですので、あまり心配しすぎることなく、また、疑うこともいけません。 疑われることが一番辛いですからね。 お薬をきちんと飲んでいるなら、あとはゆっくり休んでいればいいのです。 話を聞いて欲しそうにしていれば聞いてあげればいいし、辛そうにしていたらその時はどうして欲しいか聞いてあげたらいいと思います。 あとはあなた自身の生活を大切にしてください。

お返事ありがとうございました。 私の一番欲しい言葉を下さり、takさんのお返事にほっとしました。 私自身も体調に気を付けながら、のんびり彼を支えていきたいと思います。 ありがとうございました。

0

彼のご両親は、いないのでしょうか?息子が病気になれば両親が、駆け付けるのが普通でしょう。赤の他人の貴女が、そこまで責任を感じることはありません。 冷たいようでしょうが、現実を見てください('_')

ピースケさん、お返事ありがとうございました。 彼のお母様とお姉さんはかなり離れた地方在住です。(父親は他界) お母様は、足を悪くしてみえて、簡単に県外まで来ることはできません。また、お姉さんも小さいお子さんがみえてご自宅を離れることはできません。 彼が若い頃、かなり悪さもしたので、お母様にはもう心配をかけたくないから、絶対に言わないでくれと言われています。お姉さんには、とりあえず連絡済みで、私も相談にのってもらっています。 このような状況から、彼を支えるのは私しかいません。 ピースケさんのおっしゃることは正論です。今は家族ではないですが、私は彼の家族になり、一緒に人生を歩んでいけるよう頑張りたいです。 冷静なご意見を頂き、ありがとうございました。

0

そばに居てあげるだけで十分です。 そして、そっとしてあげてください。 これは辛く、忍耐の要る姿勢です。 できる限り規則正しいペースをキープしてください(彼が従わなくとも)。 心配のあまり声をかけたり、食事の用意をしても(ここまではOKですが)、食べるように促したり(ここまですると負担になってきます)したくなるでしょうが(その他、諸々)、それが実は負担になってしまうのです。 正に主様の彼に対する”愛”が試されているとお考えください。 痛いといった具体的な症状がないので解りづらいですが、闘病中なのです。 お大事に。

0

うつ病を発症されている方は、親から有償の愛情 を受けて育っているので、褒めてもらう見返り のために頑張る行動をしてしまう癖がついているので、 何らかの質の悪いストレスが、かかり続ける状態に なってしまうと、神経伝達物質の受け渡し不具合の 激痛で、ショック死してしまう危険性があるので、 脳内モルヒネが、分泌しつづけてくれるおかげで、 激痛は感じなくなるのですが、副作用の辛さが、 続いてしまうのが、うつ病という無償の愛 で、生命維持されるということなので、 あなたが、彼に良くなってほしいという欲が出てしまうと、 有償の愛情を注いでしまう危険性があるのです。 なので無償の愛を注いであげるには、彼を 人間だと思わないことが大切になってきます。 彼をペットの動物だとイメージして、お世話を しようと考えて、自分が逆に癒されることを 第一に考えて接すると、彼にも癒しとなるのです。 あなたは、彼の理想の母親となって、無償の愛情で 接することができたとき、彼は甘えることが 生まれて初めてできることで、嬉しさ貯金が でき始めるように想像します。 彼は当然辛いので、うつ病を愛情とは考えられないので、 有償の愛情を受けて育ってきた人を助ける存在が うつ病ということには納得できないと思いますので、 あなたも有償の愛情で育ってきていると感じる 場合は、共倒れとなる危険性があるので、 動物のペットに癒されるイメージを忘れずに 接してあげると、彼は元気になってくれるかもしれません。