4輪と違い操作系部品やエンジン部分が剥き出しのオートバイのカスタマイズとして純正ボルトやビスをステンレスキャップボルトに交換する手法は25年ぐらい前からあります。

補足

金属のイオン化傾向の違いによる電蝕については知ってはいましたがDIYレベルの作業で意識したことはありません。 バックステップやスタビライザーといったアルミ削り出しの高価なパーツには大抵ステンキャップボルトが付属してますし、ブレーキホースやオイルホース、マフラー一式などアフターマーケットパーツに組み合わせは多いです。 アルマイトがしてあれば電蝕は防げるのでしょうか? またアルミのクランクケースにヘリサート加工を施した箇所があるのですがヘリコイルはステンレスです。 これはサンメカレベルでは許容できても厳密にはタブーな行為なのでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

補足を読んで、答えておこう。 電位差による腐蝕は、基本的には、そこに水分が存在しなければ気にする必要は無い。 設計者などが知っていれば良い専門知識であり、素人さんがしたり顔で語ったりするのは滑稽でさえある。 旧車の再生作業でクランクケースなどにヘリサートを入れる事があるが、水がかかる箇所では無い。 ボルトをステンレスにしないのは、もっと別の話で、強度や伸びといった金属冶金的な要素や、設計荷重の問題。 錆対策なら、クロムメッキや、ピカピカが嫌ならダクロタイズドメッキなどの方がよほど効果的だ。 純正のボルトを使って、錆びさせない様に手入れをする方が、もっとまともな対処方法だ。

その他の回答(3件)

3

純正ってのは細部に至るまで強度検査などしてるでしょうから一定の安心感があります。 金属も曲がりに強いとか腐食に強い、強度など使わる部位でいろいろなので単純に太さピッチが合えばいいってもんでもないです。 その違いなど理解してカスタマイズする人はいいけど 純正は考えずに使えるので楽だと思います。 純正はコストもあるので最高ってわけじゃないので平均的って考えるといいと思います。 社外パーツ使うのは自己責任ですから。

3人がナイス!しています

5

ステンとアルミだと電蝕の恐れがあります アンチシーズなど塗布してから取り付ければ リスクは軽減できますが、ゼロにはなりません。 また純正で使われているものうち エンジンやフレーム、足回りなど重要部分は ほとんど強度区分10.9~12.9のボルトが使われています これは普通の鉄ではなくクロモリで、強度も高く衝撃に強いものです 対して一般のステンレスボルトは強度区分A2-70などで 強度じたいもクロモリの6~8割しかありませんし 衝撃に対しては伸びて耐えずに折れてしまうという 強度部品としては致命的な欠点があります カバーボルトくらいならと思っていても 繰り返す振動でケース内で折れて残る事もあります まあ 必ずそうなるわけではないです 運が悪ければくらいの確率ではありますから ご自身の運に自信があるなら お好きにすればいいと思いますよ

5人がナイス!しています

サンメカレベルだから気にしないと言うなら 別にそれでも構わないと思いますよ どこまで考慮するかの姿勢は人それぞれですし。 ただメーカーの姿勢としてはマズいでしょうね だから純正では基本的にはやりません。 アフターパーツも、安物中華なんかは 精度の怪しいステンボルトついてたりしますが ちゃんと考えてるメーカー品は クロームメッキのクロモリ使ってますね それをステンボルトと思ってる人もいるようですが。 もっとも 美観気にしなければクロームメッキも 余計なんですけどね アフターパーツは美観向上も大事ですから そこは折り合いってことなんでしょう

3

ステンレスとアルミ合金を接触させると、金属のもつ電位差で電蝕と言ってあるアルミ側が腐蝕されます。 美感アップや赤錆防止でステンレスと交換するなら、接触部分が鉄パーツに限定されます。 その他強度が必要な部分では、ステンレスでは単純に材料強度が足りません。 ステンレス アルミ 腐食 で検索してみてください。

3人がナイス!しています