福祉制度の審査が不正受給防止の為に杓子定規過ぎて、救済が必要な人の何割かが見捨てられるのは仕方ない?

補足

犯罪者は不正受給者です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 まさに、真理ですね。

お礼日時:3/1 14:51

その他の回答(2件)

0

不正受給者が酒・たばこやパチンコやったら即打ち切り、浮いたお金から通報者に幾らか褒賞金を出したらいい。 褒賞金目当てのウソ通報者には懲役を含んだ刑事罰と定めておけば、不安もないし。 自粛警察みたいなもんが増えたとして、魔女裁判みたいに裏取りもせず処刑はしないし、別に受給者が監視付きの生活になるぐらいの息苦しさは受け入れるべきかと。 たかが鬱ぐらいなら余裕で働けるし、条件がフガフガ贅沢こいて働かないバカに支給する必要性は無いとも思うね。 納税の履歴がない、一方的なたかりには一切支給しないようにすることも重要。

病気は個人差が激しいよ。 知ったような口を叩くのは愚かしい。 人権を制限する内容なら意義を唱えるのは当たり前。 そもそも、福祉制度を活用しなければならないほどの弱者を叩く連中が居るのがおかしい。 貧しくて飢えていた人が、何とか食えるようになることのどこが贅沢? 貧乏は犯罪ではない。 >納税の履歴がない、 現状ではほぼ皆無。