【経済学にお詳しい方にお聞きします】

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

『異次元の金融緩和』で、企業が銀行から借り入れしなくても容易に資金を調達しやすくするため→銀行からカネを借りても利払いが低く、負担が少ない ため

金融緩和は市中の国債を日銀が買い上げて 銀行が現金がある状態にする マイナス金利というのは、日銀に銀行が預金すると-になる ことにしてある 銀行はカネ遊ばせてもしょうがねえので不良融資するW という事になる

0

赤字国債の発行残高は1200兆円を超える事が確定しました。 政府が事実上債務保証している地方債と合わせると更に多いでしょう。 既に利払も不可能な状況で、赤字国債がゼロになったとしても税収だけでは予算を組めなくなった日本。 この際、赤字国債の返済はやめて輪転機で紙幣を印刷しまくって全ての国債を返済した方が良いかもしれません。 その上で、利上げは行わずゼロ金利固定で年金や保険や預貯金や貨幣の価値を大幅に下げる政策を行い身軽にした方が、現役世代や子や孫の世代の負担は少なくなります。 既にETFの買い入れ中止や売却を言い出せない状況で、出口戦略もありません。 世界恐慌が起きて、ドサクサ紛れにガラガラポンで世界同時リセットが現実的な出口だと思います。 次はリーマンショックの100倍を越えるクラッシュかも知れません。 個人的には、この規模のクラッシュを大歓迎します。

0

日銀が日本株ETFを買い入れる目的は・・・日本経済が過去20数年間苦しんできたデフレから脱却させることです。 副作用があっても、デフレからの脱却には、(国債の買い入れ)他に選択肢が無いのです。妙案が有ったら黒田総裁に教えてあげて下さい。 https://www.simplexasset.com/etf/manga/vol9.html また、国債について、どうのこうのと言ってますが・・・日銀は、市中銀行から国債を買い入れる立場にあり、国債を発行してるわけではありません(事実誤認があるようですね)。