回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/28 22:06

22回答

ドラマ天国と地獄・・・あなたはもう一波乱あると思いますか? ※ネタバレ注意

3人が共感しています

回答(2件)

0

私は十和田元が生きているような気がします。 もしくは、十和田元の中身だけが誰かと入れ替わって生きているとか? 望月と日高の入れ替わりに関して、どうして望月だったのかってところですが、陸の近くにいたのがたまたま望月だったからじゃないかなと。 やっぱ、陸がキーパーソンっぽい。 いずれにしても納得のいくような終わり方にしてほしいです。

3

ここまでで分かったことの整理。 「東朔也」について ・日高の二卵性双生児の兄 ・両親の離婚により、乳幼児のとき日高と生き別れになる ・引き取られた父親が、「四方忠良」という男のせいで破産したことで、不遇の人生を送る ・小学生時代に日高と接触している(日高は、気付いていない) ・成人して清掃業に就き、自殺した「十和田元」という男の部屋を清掃中に「Φの漫画」を入手 ・日高と一緒に奄美を訪れているらしい(日高は、奄美で東朔也と名乗った) 「十和田元」について ・清掃員が謎のMr.Xの指示で悪党を殺すストーリーの「Φの漫画」を描く ・四方忠良の個人情報を入手したあと、アパートで自殺 ・「クウシュウゴウ」という偽名を使っている 連続殺人事件の実行犯について ・「Φの漫画」に準えて犯行を重ねているらしい ・歩道橋の数字の落書きを見て犯行に及んでいるらしい ・東朔也が恨んでいると思われる四方忠良を殺害している 以上の情報に加え、 ・日高は、兄の東朔也が連続殺人の犯人と考え、彼の犯行を隠蔽するとともに、彼の行方を探している ・陸は、自分に歩道橋の落書きを消すよう依頼してくる「クウシュウゴウ」が師匠の「湯浅和男」で、連続殺人の犯人ではないかと疑っている ということですよね。 これらを併せ考えると、一見「犯人は、湯浅和男こと東朔也」というのが濃厚だと思われます。 ただ、そうだとしても以下のような多くの疑問(謎)が残ります。 1 犯人が東朔也だとして、「Φの漫画」に準えて犯行を行っているとすれば、Mr.Xなる人物は存在するのか(存在するとして、それは誰か)? 2 歩道橋に落書きさせているのは誰か? 3 死んでいる十和田元が使っていた「クウシュウゴウ」の偽名で、陸に落書きを消すよう依頼するのはなぜか? 4 十和田元とは何者か(本当に死んでいるのか)? 5 十和田元は、なぜ、四方忠良の個人情報を入手したのか? 6 日高は、いつ、どのようにして「Φの漫画」や「殺人リスト」を入手したのか? 7 奄美には何があるのか? ということで、まだまだ裏があると思っていますが、このドラマ、伏線を小出しにしてくるので、予測が付きづらいです。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/1 12:49

で、結局 犯人は渡辺陸な気が僕はします。