ID非公開

2021/3/1 13:44

44回答

平安時代の女の子がどのような日常を送っていたのか知りたいです。 恋愛はどの程度許されたのか、など。

補足

こども史などの書籍に少し触れたのですが、 「裳着は誰が主催したのか(父方or母方)」「源氏物語内部での雛遊びのもつ教育的意義」「婚姻の決定をめぐる家長の力」など、ピンポイントかつ物質的/制度的な解説しか見つけることができず、 蜻蛉日記の現代語訳をざっと読んでも、子供の生活についてあまり詳しく書かれているわけでもなく、何かまとまった内容のものはないかな…と探しております。 (そもそも文献に残りづらいものなので、研究自体が少ないのかな…と勝手に想像しておりますが)

日本史 | 文学、古典61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/3/1 15:59

服部早苗さんの別の本は読んでいたのですが、新書をいっぱい書かれていたのですね… 恥ずかしながら気づきませんでした… ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

専門家が(一般向けに)まとめた本、というピンポイントで欲しいものを教えていただいたので、ベストアンサーとさせていただきます。 皆さんありがとうございました。

お礼日時:3/4 14:26

その他の回答(3件)

0

女性の物語、詩集結構あるのでは? 建礼門院右京太夫なんて読んだ?最低このくらいは読んで。 平家物語に出てくる女性、、いっぱいいるけど調べた?

ID非公開

質問者

2021/3/1 16:10

「たまきはる」「とはずがたり」は図書館が開いたら借りようと思っていたのですが、歌集に日記があるのは全く知りませんでした。 ありがとうございます。あたってみます。

0

恋愛などありません。 政治の為の道具です。 紫式部の物語も、男(光源氏)が好き勝手に女子を物色(ウロウロして捕まえる)と、男を知らない女(下膨れ)が喜ぶから、遊びやすい。 けれど、寝取るまでしないのは、犯罪以上の問題を引き起こすので 体の関係は無かったはずです。 恋愛を、さも楽しそうに男の目線から書いただけの話です。 未婚の女子の場合は前に出せません。 男の前に出せば、酒の場です。何が起きるか分かりません。 平民たちが襲われていても誰も止めないのと同じです。 まして、既婚者であるなら、後妻どころか、妾にもなれない可能性があり 政治の道具にもなりません(ピュアでないと、穢れとして処分されます) というわけで、本来なら壁に鍵をかけて娘を守ります。 自分の権力を守るためにです。 普段から外に出さないのは、衛士は普通男だからです。 駆け落ちされても困るのですよ。

あと高級な屋敷に行けば 妾に殺される可能性もありますし(毒殺) 政治敵に殺される可能性もありますし(刺殺) 農民に殺される可能性もあります(撲殺) つまり、危険がいっぱいなので、屋敷から出る事は叶いませんので 恋愛に自由等ありません。